[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズ、八村塁元チームメートを緊急補強も大敗 負傷の八村は5戦連続欠場

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は26日(日本時間27日)、敵地ピストンズ戦は鼠径部の打撲により5戦連続で欠場。今季すでに2度対戦しともに勝利を収めている相手に、102-132で敗戦。今季2度目の2連勝はならず、ロード4連戦を1勝3敗で終えた。

ウィザーズのブラッドリー・ビール(左)【写真:AP】
ウィザーズのブラッドリー・ビール(左)【写真:AP】

過去2連勝だったピストンズに大敗

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は26日(日本時間27日)、敵地ピストンズ戦は鼠径部の打撲により5戦連続で欠場。今季すでに2度対戦しともに勝利を収めている相手に、102-132で敗戦。今季2度目の2連勝はならず、ロード4連戦を1勝3敗で終えた。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 ジョーダン・マクレイがこの試合で怪我から復帰したものの、7人の選手が離脱中のウィザーズは、この日ジョナサン・ウィリアムズと契約。ゴンザガ大で八村のチームメイトだったウィリアムズは、昨季レイカーズに所属し、今季はイスラエルリーグでプレーしていた。アンドレ・ドラモンドとブレイク・グリフィンの強力なフロントコート・ドュオを擁するピストンズ戦を前に、ウィザーズは206センチのPFを補強することでペイント内を強化した。

 第1クォーター(Q)からウィリアムズをコートに送り込んだウィザーズ。一時はウィリアムズ、ゲイリー・ペイトン2世、アンジェス・パセチニクスと、ウィザーズでのプレー経験が、5試合以下しかない選手が3人同時にコートに立つなど、連携面が懸念されたが、ドラモンドに9得点6リバウンドを許すなどして23-31で第1Qを終えた。

 第2Qに入っても点差を広げられたウィザーズ。3Pはエースのブラッドリー・ビールが5本全てを失敗するなど、成功率18.8%とシュートが決まらない。逆にディフェンス面では55%を超えるフィールドゴール成功率を相手に許し、48-68と20点のリードを追いかける展開で試合を折り返した。

 ピストンズを止められないウィザーズは、この後も失点を重ね勝負あり。ディフェンス、オフェンス両面が機能せず、試合に敗れたウィザーズはロード4連戦を1勝3敗で終えた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集