[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、リング誌年間表彰で最多4部門ノミネート ドネア戦の11回が最高ラウンドに

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米ボクシング専門誌「ザ・リング」では2019年の年間表彰候補を発表し、井上は最優秀選手賞、最高試合、最高ラウンド、最高イベントの4部門でノミネートされている。

井上尚弥(右)【写真:Getty Images】
井上尚弥(右)【写真:Getty Images】

カネロやパッキャオらと最優秀選手賞5傑に

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。米ボクシング専門誌「ザ・リング」では2019年の年間表彰候補を発表し、井上は最優秀選手賞、最高試合、最高ラウンド、最高イベントの4部門でノミネートされている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「ボクシングの聖書」と呼ばれるほど歴史と権威を持つリング誌。2019年の年間表彰候補10部門を発表し、「Naoya Inoue」は4部門に名を連ねた。

 まずは年間最優秀選手賞候補に登場。カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、WBC&IBF世界ウェルター級統一王者エロール・スペンスJr.(米国)、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)、WBSSスーパーライト級大会を制したジョシュ・テイラー(英国)という猛者とともに、井上がノミネートされている。

 次は年間最高試合。11月7日のWBSSバンタム級大会決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に12回判定勝ちした世紀の名勝負もノミネートされた。そして、年間最優秀ラウンドでも井上が登場。ドネア戦で強烈な左ボディーでダウンを奪った11ラウンドが候補に選出されている。

 年間最優秀イベントでも井上対ドネア戦は堂々のノミネート。ドネアとの世紀の名勝負を繰り広げたモンスターはリング誌の表彰でも実力者スペンスと並び、最多4部門でノミネートされる活躍ぶりを見せつけている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集