[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボールボーイがドイツ王者を撃破!? 手渡したボールから生まれた「3.5秒弾」が話題

ボールボーイがドイツ王者を撃破!? 手渡したボールから生まれた「3.5秒弾」が話題

サッカーにおける「アシスト」は選手同士のコンビネーションによるものが通例だが、ドイツ・ブンデスリーガで異色のゴール演出が飛び出した。ボールボーイが手渡したボールからわずか3.5秒で得点が生まれ、リーグが公式Youtubeチャンネルで「アシスト・ザ・マッチデー」として紹介。あまりの展開にファンにも大きな反響を呼んでいる。

ホッフェンハイム対バイエルン戦、ボールボーイを“起点”に先制弾が生まれる

 サッカーにおける「アシスト」は選手同士のコンビネーションによるものが通例だが、ドイツ・ブンデスリーガで異色のゴール演出が飛び出した。ボールボーイが手渡したボールからわずか3.5秒で得点が生まれ、リーグが公式Youtubeチャンネルで「アシスト・ザ・マッチデー」として紹介。あまりの展開にファンにも大きな反響を呼んでいる。

 驚きのプレーが飛び出したのは、ブンデスリーガ3節のホッフェンハイム対バイエルン戦だった。

 前半28分、バイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスがサイドライン際でボールをクリアするも、ラインを割っていたとしてホームのホッフェンハイムボールに。すると、FWアンドレイ・クラマリッチは近くにいたすかさずボールを要求。ボールボーイからの“迅速なパス”を受け取ると、フンメルスが視線を外している間に、ゴール前に飛び込んできたFWマルク・ウートへと渡り、走りながらの左足アウトサイドシュートで華麗に先制ゴールを陥れた。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」電子版によれば、ボールボーイを務めていたのはホッフェンハイムのU-14に所属する13歳のウムート・トフムク君。ボールボーイを“起点”にゴールが生まれ、ブンデスリーガは公式Youtubeチャンネルに「ホッフェンハイムのボールボーイがバイエルン戦勝利の手助けを買って出た」とのタイトルで動画を公開し、「なんてシーンなんだ! ホッフェンハイムとバイエルンのビッグマッチで一人のボールボーイが先制点をもたらす重要な役割を請け負った。ボールが外に出てスローイン、そしてゴール。ホッフェンハイムは彼に何よりも感謝を抱いている」とつづった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー