[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

出場時間急増の八村塁に増す信頼度 戦う姿勢強調「ゴール下は凄い戦い。強く行く」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が8日(日本時間9日)の本拠地クリッパーズ戦に開幕22試合連続でスタメン出場。1日に敵地で対戦し、八村自身はキャリアハイとなる30得点を記録するも125-150で敗れた相手に5試合連続35分超の出場となり、17得点、7リバウンド、4アシストをマーク。チームは優勝候補の一角相手に接戦を演じるも119-135で敗戦、2連敗となったが、背番号8はゴール下で存在感を発揮した。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

5戦連続35分超の出場、第4Qは敵と激しく衝突でヒヤリも…

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が8日(日本時間9日)の本拠地クリッパーズ戦に開幕22試合連続でスタメン出場。1日に敵地で対戦し、八村自身はキャリアハイとなる30得点を記録するも125-150で敗れた相手に5試合連続35分超の出場となり、17得点、7リバウンド、4アシストをマーク。チームは優勝候補の一角相手に接戦を演じるも119-135で敗戦、2連敗となったが、背番号8はゴール下で存在感を発揮した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 昨季ファイナルMVPのカワイ・レナードと2度目のマッチアップ。それでも、八村は臆することはなかった。第1クォーター(Q)残り6分1秒にイシュ・スミスのアシストから豪快なスラムダンクを叩き込み、会場を沸かせた。以降も厳しいマークに遭い、得点できない時間もあったが、そんな中でも要所で存在感を発揮。5試合連続35分超の出場時間とともに6戦連続2桁得点をマークした。しかし、試合は第3Qに突き放されたことが響き、敗れた。

 試合後、八村は「NBAでも今、トップレベルのチームと言われているチーム。僕らも粘るところは粘ったけれど、最後の最後でやられました」と強豪の強さを実感した。ただ、レナード、ジョージらNBAを代表する名手と2度目の対戦で手応えも十分。「ああいう選手たち、デカくて動ける選手とやっているというのはすごく勉強になる。そういう人たちとやれることを嬉しく思うし、勉強できたらいいなと思う」と敗戦にも前を向いた。

 第4Qはゴール下に侵入し、強引にシュートに行った場面で相手のハレルと正面衝突。しばらくコートに倒れ込み、ヒヤリとさせた。八村は「あのようにゴール下も凄い戦いになっているので、強く行かないといけないと思う」と戦う姿勢を強調。5試合連続で出場時間は35分を超え、出場時間は急増。信頼度は増している。背番号8は「できるだけ休めるところは休んで、やることはやっていきたい」とチームの主力選手としての自覚をにじませた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集