[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「自分が空手界を盛り上げないと」 強行出場で涙、5年ぶりのV逸で震えた植草歩の唇

東京五輪で新採用される空手の全日本選手権男女個人戦が8日、群馬・高崎市の高崎アリーナで行われ、女子組手68キロ超級で2016年世界選手権金メダルの植草歩(JAL)が5連覇を逃し、銀メダルに終わった。体重無差別で行われる日本一決定戦。決勝で23歳の齊藤綾夏(AGP)に4-6で敗れ、大粒の涙を流した。海外遠征から帰国直後の強行出場となった裏には、大きな理由があった。

表彰式で涙を流す植草歩(左)右は優勝した齊藤綾夏【写真:浜田洋平】
表彰式で涙を流す植草歩(左)右は優勝した齊藤綾夏【写真:浜田洋平】

4連覇中の植草歩が女王陥落、帰国直後に強行出場「自分が出ることで注目を」

 東京五輪で新採用される空手の全日本選手権男女個人戦が8日、群馬・高崎市の高崎アリーナで行われ、女子組手68キロ超級で2016年世界選手権金メダルの植草歩(JAL)が5連覇を逃し、銀メダルに終わった。体重無差別で行われる日本一決定戦。決勝で23歳の齊藤綾夏(AGP)に4-6で敗れ、大粒の涙を流した。海外遠征から帰国直後の強行出場となった裏には、大きな理由があった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 勝ちパターンだった。植草は開始1分ほどでポイント先取。「いつもの勝つ流れ。勝てるな」。普段の練習で対峙しても、常に優位に立てる相手だっただけに勝利までの道筋が見えていた。しかし、約20秒後に天地はひっくり返る。突きを打った後、相手がクリンチ気味に飛び込んできた。すると、そこから頭部に蹴りを入れられた。上段への蹴りは3ポイント。形勢逆転となった。

 落ち着いて取り返そうと、得意の中段突きで1点ずつ返す。だが、時間の進みが早い。次第に精度を欠き、逆にカウンターでポイントを献上した。敗戦まで残り10秒。「ラスト1秒まで何があるかわからない」。互いに高速連打を繰り出したが、有効打とは認められなかった。

 呆然と周囲を見渡す。勝者は喜びを爆発させ、相手応援団が沸いていた。女王陥落。コートを降り、関係者に肩を叩かれても涙を出さずに引き揚げた。

 表彰式の直前まで後輩らと笑顔で会話を交わし、気丈に振る舞った。5年ぶりに真ん中から一歩ずれた表彰台。上がる直前、帝京大の香川政夫師範に声をかけられた。「疲れただろう」。こらえていた涙が溢れ出した。「怒られると思ったけど、あんなに優しいことを言われて止まらなかった」。勝者に拍手を送りつつ、両手で涙を拭った。

「全日本はいつも自分にとって大きな変化を与えてくれた場所。この負けも五輪で優勝するために重要な機会だと思っている。ここで腐る選手じゃない。この悔しさを味わったからこそ、東京五輪で優勝できると思ってやりたい」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集