[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、2戦連続2桁15得点と躍動 最大13点差を逆転勝ち、今季初の連勝に貢献

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が22日(日本時間23日)の本拠地ホーネッツ戦に開幕13試合連続でスタメン出場、マジック戦に続く今季2度目の東カンファレンス南東地区のチームを相手に、2戦連続2桁得点となる15得点、2リバウンド、2スティールをマーク。出場時間は21分20秒だった。チームは125-118で逆転勝ち、今季初の連勝を飾った。

八村塁【写真:Getty images】
八村塁【写真:Getty images】

開幕13試合連続スタメン、2リバウンド、2スティールも記録

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が22日(日本時間23日)の本拠地ホーネッツ戦に開幕13試合連続でスタメン出場、マジック戦に続く今季2度目の東カンファレンス南東地区のチームを相手に、2戦連続2桁得点となる15得点、2リバウンド、2スティールをマーク。出場時間は21分20秒だった。チームは125-118で逆転勝ち、今季初の連勝を飾った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 同地区対決となったこの試合。八村は今年のドラフトでホーネッツから全体12位指名を受けたルーキーのPJ・ワシントンとマッチアップ。序盤から積極的にゴール下を狙う八村は、ブラッドリー・ビールとのコンビネーションなどから2つのレイアップシュートを沈める幸先の良いスタートを切る。

 しかし、第1クォーター(Q)残り6分45秒の場面で、フェイントからワシントンを抜き去り、そのままダンクを狙ったものの、後ろからワシントンのブロックに合った八村は、レフェリーにファウルを要求し、不満を露わにした。それでも集中を切らさずにプレーする八村は、スティールから味方の得点を演出するなど、得点以外でも存在感を放った。

 第2Q残り3分22秒から再びコートに立った八村は、モリツ・ワグナーのパスに反応してダンクを決めると、その直後にはワシントンのファウルを誘いフリースローを獲得。7得点で前半を終えた。チームはこの試合でもハイスコアリングゲームを展開し、62-68の6点ビハインドで試合を折り返す。

 後半最初のプレーで得点を挙げた八村は、その後も積極的にゴール下を攻め、得点を重ねる。第3Q残り5分にはこの試合初めてのプルアップジャンパーを沈め、15得点まで数字を伸ばした。チームは第4Qで追い上げ、最大13点差をひっくり返して逆転勝ち。“神様”マイケル・ジョーダン氏がオーナーを務めるホーネッツ相手に奮闘し、存在感を示した。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集