[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子、中国にストレートで完敗 銅メダルで幕、五輪前哨戦で実力差を露呈

卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の男子準決勝が9日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同1位の中国に0-3で敗れた。昨年大会決勝で敗れた8連覇を狙う卓球王国の壁を跳ね返せず。3位決定戦は行われないため、韓国に敗れた台湾とともに銅メダルとなった。

男子日本代表の張本智和【写真:Getty Images】
男子日本代表の張本智和【写真:Getty Images】

卓球W杯、昨年決勝で敗れた王者・中国にまたも敗戦

 卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の男子準決勝が9日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同1位の中国に0-3で敗れた。昨年大会決勝で敗れた8連覇を狙う卓球王国の壁を跳ね返せず。3位決定戦は行われないため、韓国に敗れた台湾とともに銅メダルとなった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 第1試合のダブルスは、丹羽孝希(スヴェンソン)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)組がダブルスのスペシャリスト・許シンと梁靖崑の組と対戦した。序盤はリードしたが、逆転を許して第1ゲームを6-11で失うと、第2ゲームも6-11で落とす。第3ゲームはレシーブで粘り、相手のミスを誘うなど一進一退の攻防を展開したが、6-11のストレートで第1試合を落とした。

 第2試合のシングルスは、日本勢トップの世界ランク5位・張本智和(木下グループ)が、同1位の樊振東と激突。腰痛で初日から欠場していた水谷隼(木下グループ)の穴をカバーする活躍が期待された16歳は、第1ゲームから果敢に攻めたが、速攻を武器とする相手の素早いリターンに手を焼く。ネットなどミスもあり、7-11で先取された。

 第2ゲーム、張本も台の近くでプレーする得意の形に持ち込もうとする。速いラリーとなったが、張本が相手のフォア側を攻める作戦に出ても冷静に対応された。4-11で第2ゲームを奪われると、第3ゲームは10-9でゲームポイントに。土曜に集まった子供たちから「ハリモトー!」「頼む!」と声援が飛ぶ。同点とされた後に再び11-10としたが、最後は実力差を見せられて11-13でストレート負けした。

 第3試合も、吉村が許シンに1-3で敗れた。中国はリオ五輪金メダルで世界選手権3連覇中の馬龍など、最新世界ランク1位から4位をそろえたベストメンバー。しかし、日本戦に馬龍は出場せず、精神的支柱のいない絶対王者に敗れた。

 今大会は、東京五輪と同じ会場でテスト大会として行われ、五輪と同じく第1試合にダブルス、第2試合以降にシングルスを最大4試合実施する。W杯は五輪、世界選手権に次ぐ3大大会の一つ。12か国で争われ、1990年の第1回大会以来29年ぶりの日本開催となったが、8大会連続10度目の優勝を狙う中国を倒せなかった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集