[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のクリンチ「初めて見た」 大橋会長が「俺は面白くない」試合で感じた成長

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ち(114-113、116-111、117-109)。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。2万2000人の観衆を沸かせた死闘だったが、陣営の大橋秀行会長は「俺は面白くなかった」と苦笑いしていた。

井上尚弥(左)はノニト・ドネアの猛攻に耐え、勝利を掴んだ【写真:AP】
井上尚弥(左)はノニト・ドネアの猛攻に耐え、勝利を掴んだ【写真:AP】

リングサイドでヒヤヒヤ、耐久力への疑問一蹴で大橋会長「タフネスを証明できた」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ち(114-113、116-111、117-109)。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。2万2000人の観衆を沸かせた死闘だったが、陣営の大橋秀行会長は「俺は面白くなかった」と苦笑いしていた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 超満員の埼玉が歴史的死闘に酔いしれた。井上は2回にドネア自慢の左フックをもらい、右目上をカット。モンスターの額は血で染まり、鼻血も流れた。試合後に5針を縫うボクサー人生初のカットだった。9回にも右ストレートをもらい、クリンチを試みる。大熱戦となったが、11回にダウンを奪うなど終盤に猛攻。ポイントを奪い切る3-0の判定勝ちでWBSSの頂点に立った。

 最後のゴングが鳴ると同時に観衆はスタンディングオベーション。リング上で抱き合う両者に称賛の拍手が降り注いだ。しかし、セコンドでコーナーサイドから見守った大橋会長は異なる心境で見つめていた。「正直、1、2ラウンドで倒すこともあると思っていた」と序盤を振り返った。

 しかし、接戦が続き、打ち合いの判定決着。ファンは井上をフルラウンド楽しめたものの、大橋会長は「お客さんは喜んでくれたと思う。俺は面白くなかったけど」と冷や汗を拭い、報道陣を笑わせた。スピードKOで縦横無尽にリングを制圧していたモンスターが、あわやダウンの可能性もあり「苦しい展開になったし、尚弥にパンチが効いたシーンもあった。知り合って初めて見たシーンだった」と会長として不安を抱えていたようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集