[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「彼女は一歩も引かない」 初Vの奥原希望にリオ五輪銀メダルの好敵手も脱帽

「彼女は一歩も引かない」 初Vの奥原希望にリオ五輪銀メダルの好敵手も脱帽

バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)がリオデジャネイロ五輪銀メダリストのシンドゥ・プサルラ(インド)を2-1で破り、日本史上初の同種目制覇を成し遂げた。熱戦を演じたライバルは「彼女が一歩も引かないということを理解した」と奥原の精神力に脱帽したという。インド紙「インディアン・エクスプレス」が報じている。

世界選手権決勝、“女王”の座を懸けた戦いは最終ゲームにもつれこむ死闘に

 バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)がリオデジャネイロ五輪銀メダリストのシンドゥ・プサルラ(インド)を2-1で破り、日本史上初の同種目制覇を成し遂げた。熱戦を演じたライバルは「彼女が一歩も引かないということを理解した」と奥原の精神力に脱帽したという。インド紙「インディアン・エクスプレス」が報じている。

 “女王”の座を懸けた戦いは、文字通り死闘となった。

 序盤から一進一退の攻防。第1ゲームを21-19で先取するも、続く第2ゲームを20-22で奪われ、勝負は運命の最終ゲームへ。ポイントが入るたびにお互いに膝に手をつき、コートに倒れ込む激しいラリーの応酬の末、奥原が22-20で第3ゲームを奪い、2-1でプサルラを撃破した。

「どちらが勝ってもおかしくない試合だった。負けることはショックだけど、あんな死闘の後にはどんなことでも言える。均衡した試合で、第3ゲームは20オール(20-20)になった。全てのポイントがタフだった。どちらも簡単に明け渡さなかった。世界選手権の決勝で、どちらも金メダルを目指していた。でも、最後の瞬間に勝負が決まってしまった」

 記事では、プサルラが決勝戦を回顧している。

 優勝が決まったチャンピオンシップポイントはロングラリーとなり、奥原がフォアでフワリと浮かせたショットにプサルラのラケットはわずかに届かなかった。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー