[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16年ぶり“NBAの日” トイレにも行かせない、沸騰した日本の「エネルギーレベル」

米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季王者のトロント・ラプターズがヒューストン・ロケッツを134-129で下した。NBAの日本開催は16年ぶり13試合目。集まった2万348人の観衆が熱狂した。ラグビーW杯で列島が盛り上がる裏で、埼玉のバスケットコートがお祭り騒ぎとなっていた。

会場には大勢のファンが駆けつけた【写真:AP】
会場には大勢のファンが駆けつけた【写真:AP】

2万人集結、熱狂の1日の舞台裏…お祭り騒ぎにMVP男「ショーを見せたかった」

 米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季王者のトロント・ラプターズがヒューストン・ロケッツを134-129で下した。NBAの日本開催は16年ぶり13試合目。集まった2万348人の観衆が熱狂した。ラグビーW杯で列島が盛り上がる裏で、埼玉のバスケットコートがお祭り騒ぎとなっていた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 上野から出た電車内には、すでにラプターズのユニフォームを着た人がいた。なんとなく乗客の平均身長が高い気がする。さいたま新都心駅に着くと歩き出す方向は同じ。みんなバスケファンだった。

 午後2時30分を過ぎた頃。会場近くには500人は軽く超えているであろう長蛇の列が出来上がっていた。文字通り蛇のように曲がりくねった列で待つ人の群れ。開門は5時と聞いていただけに、最初は何の行列かわからなかった。疑問に思い、先頭に向かうとNBAグッズがズラリ。3時オープンの売り場にファンが大挙していた。

 16年ぶりにやってきたNBAプレーヤーたち。昨季覇者のラプターズは初来日だった。彼らは練習から日本のファンの視線を集めていた。鮮やかな3ポイントシュートに豪快なダンク。爆音で流れるDJの音楽やマスコットキャラクターもアメリカンな雰囲気を醸し出す。ファンは選手入場口に群がり、サインをねだった。選手たちも快く対応。かつてのNBAオールスター常連で、すでに現役を引退したクリス・ボッシュが現れると、色紙片手に「ボッシュー!!」と絶叫しながら身を乗り出す人もいた。

 午後7時過ぎ、ショーの開演時間だ。ロケッツは16-17年シーズンMVPで今季新加入のラッセル・ウェストブルック、17-18年シーズンMVPのジェームズ・ハーデンらが先発。会場は大勢の人が入った影響か、スタンドの一画に設けられた記者席では、ネットがほとんどつながらない。米国代表として12年ロンドン五輪金メダル、14年W杯でも優勝メンバーだったハーデンが序盤から3ポイントシュートを沈めると、どよめきとともに「やべ~!」「かっこいい!」「デカいな」「来てよかった!」などの歓声が上がった。

 試合の合間には、ド派手な音楽とともにチアリーダーが踊り出す。ファンも一緒になってお祭り騒ぎだ。さらにトランポリンを使ったパフォーマーたちも登場。ゴールより上まで体が浮き上がり、体操選手さながらの宙返りをすると、そのままアクロバットなダンクを決める。観客をトイレに立たせる暇も与えない。一つ一つが本物のパフォーマンス。試合前も、間も、もちろん選手のプレーも全てがのエンターテインメントだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集