[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、5戦全敗で終戦 気迫の34得点・渡邊雄太は潔し「相手が素晴らしかった」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で初の開幕4連敗となった世界ランク48位の日本は9日、同28位・モンテネグロとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、65-80で5戦全敗となった。

渡邊雄太【写真:Getty Images】
渡邊雄太【写真:Getty Images】

エース八村が不在の中、渡邊が両軍最多の34得点で意地見せる

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で初の開幕4連敗となった世界ランク48位の日本は9日、同28位・モンテネグロとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、65-80で5戦全敗となった。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で欠場して迎えた最終戦。13年ぶり5度目の出場で過去9戦全敗の欧州勢から初勝利を得られず、初の大会0勝で終えた。エース不在の中で、渡邊雄太は両チーム最多の34得点と意地を見せた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 八村が不在でも、俺がいる――。渡邊の気迫がほとばしった。第3Qだ。43-45から渡邊が意地のダンクを叩き込み、日本ベンチ前で雄叫びを上げる。気迫をこめた、この日26得点目で一度はモンテネグロに追いついた。右手薬指を負傷し、残り5分54秒でベンチへと下がったが、強い気持ちが伝わってくる瞬間だった。

 前半フル出場。前戦で31得点を挙げたファジーカスも高さのある相手に対し、ゴール下で優位に立てず攻め手を欠く。そんな中でも、渡邊は体を張ったディフェンス、そしてオフェンスでも日本を奮い立たせた。

 右手薬指を負傷した渡邊はベンチで治療を受け、48-50の残り3分28秒に復帰。その後も、がむしゃらにリングを攻め続けた。最後は点差を広げられたが、背番号12は両軍最多の34得点。その頑張りは強い印象を残した。

 試合後、会見に臨んだ渡邊は「今日、僕たちは40分間、良いプレーができたと思います。モンテネグロは素晴らしかった」と潔く相手を称えた。

 日本は1次リーグでトルコ、チェコ、米国に3連敗し、2次リーグ進出を逃した。順位決定戦に回り、7日のニュージーランド戦は81-111で初の開幕4連敗。強化試合から課題にしてきた3ポイントシュートだけで54失点。エースと主将を欠く10人で懸命に戦ったが、日本の大会最多失点を喫し、渡邊は「相手も遊んでいたし、日本代表として恥をかいた」と悔しさをかみしめていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集