[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥川恭伸、三振の山築く 曲がり過ぎ変化球にWBSCが驚愕「えげつないカーブボール」

18歳以下の世界一を決める「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参戦中の野球日本代表「侍ジャパン」は5日、スーパーラウンドの初戦カナダ戦で、ドラフト1位候補右腕の奥川恭伸投手(星稜)が今大会初登板初先発。初回でいきなり3奪三振と格の違いを見せたが、WBSCも落差抜群のカーブに脚光。動画つきで速報し、「えげつないカーブ」と驚愕している。

野球日本代表「侍ジャパン」の奥川恭伸【写真:Getty Images】
野球日本代表「侍ジャパン」の奥川恭伸【写真:Getty Images】

カナダ戦で今大会初登板、圧倒的な投球で三振の山

 18歳以下の世界一を決める「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参戦中の野球日本代表「侍ジャパン」は5日、スーパーラウンドの初戦カナダ戦で、ドラフト1位候補右腕の奥川恭伸投手(星稜)が今大会初登板初先発。初回でいきなり3奪三振と格の違いを見せたが、WBSCも落差抜群のカーブに脚光。動画付きで速報し、「えげつないカーブ」と驚愕している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ダブルエースの一角、奥川が初登板で度肝を抜いた。初回、先頭を151キロの直球で空振り三振を奪うと、続く2番のブラウンに対してはカウント2-2からカーブを投じた。

 ストライクゾーンから急激に変化。外角の低めへ沈んでいく、見事なボールに相手打者は全くタイミングが合わず、2者連続で空振り三振を奪って見せた。

 WBSCは公式ツイッターで、このカーブに脚光。「オクガワのえげつないカーブボール」と題して、さらに驚きの絵文字も付けて動画付きで速報で伝えた。

 奥川は2回までのアウト6つをすべて三振に仕留め、前評判にたがわぬ快投を見せつけている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集