[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村&渡邊で計51得点 ドイツ撃破をラマス監督も高評価「限界に近い能力を出せた」

バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は24日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同22位・ドイツとの強化試合(午後3時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、最大12点差をひっくり返し、86-83で逆転勝ち。格上を相手に金星を挙げた。

指揮を執ったフリオ・ラマス監督【写真:荒川祐史】
指揮を執ったフリオ・ラマス監督【写真:荒川祐史】

試合後の会見一問一答「強化試合で一番の内容だった」

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は24日、31日開幕のW杯(中国)に向けた同22位・ドイツとの強化試合(午後3時試合開始・さいたまスーパーアリーナ)を行い、最大12点差をひっくり返し、86-83で逆転勝ち。格上を相手に金星を挙げた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 NBA日本人初のドラフト1巡目指名を受けたウィザーズ・八村塁は両軍最多31得点と奮闘。グリズリーズ・渡邊雄太も20得点をマークし、NBAコンビ2人で51得点を叩き出した。指揮を執ったフリオ・ラマス監督の試合後会見の主な一問一答は以下の通り。

――今日の試合の感想は。

「今日の勝利に凄く満足しています。相手はドイツ、強豪に値するチームだと思っている。その中でディフェンスの向上ができたのがよかった。強化試合で一番の内容だった。最初は苦労して点が獲れなかったけど、残り3分で逆転した。選手たちがその点差を頑張って保ってくれました。諦めずに最後まで戦ったことを評価したい」

――前戦からのディフェンスの修正はどこか。勝ち切るために言ったことは。

「ディフェンスの向上は、実行能力の部分。そこが一番の違い。特に戦術は変えていない。実行能力では大きな違いがあった。各試合、今までの4試合全て違うストーリーがあると思う。各試合で臨む方法、内容全てが違う。何かを想定しているわけではなく、こういう展開になってしまう。選手たちの姿勢が勝利に左右される。それがうまくいったり、うまくいかずにハマらなかったりする」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集