[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メダルを掴むのはどちらのペア!? 男女複メダル決定戦はダブル日本勢対決

連覇を目指す松本麻佑、永原和可那【写真:平野貴也】
連覇を目指す松本麻佑、永原和可那【写真:平野貴也】

女子ダブルス・松本「先輩たちに勝てるように強気で向かっていく」

 女子ダブルスは、後輩の方が格上に位置している。松本、永原は前回大会で日本の4番手としての繰り上げ出場から初優勝まで駆け上がり、そのまま東京五輪のメダル候補として力をつけてきた。ともに170センチを超える長身で高い打点から打ち下ろす強打が武器。松本は「ここまで来たら、全力でぶつかるだけ。日本人対決になるけど、先輩たちに勝てるように強気で向かっていく」と抱負を語った。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 対する先輩の米元、田中は、レシーブから相手のいないスペースへ球を運んで攻守交代を呼び込み、連続攻撃で仕留めるのが得意パターン。田中は「どれだけ落ち着いて配球できるかが勝負になる」と強打に怯まず、打開のレシーブを狙っていく姿勢を示した。女子ダブルスは、東京五輪の出場権争いが激しい。

 最大で2組が出場できるが、1~3位に3組がおり、日本勢同士の順位争いにも勝たなければならない。五輪レースで最大のランキングポイントが設定されている世界選手権でのベスト8とベスト4は、大きな差になる。長身の若手ペアが連覇へ突き進むか、先輩が後輩を破り、五輪レースの3強体制に待ったをかけるのか。こちらも目が離せない。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集