[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女王・野口啓代が日本人トップ2位で五輪内定! 男女通じて初の複合メダル獲得

東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は20日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の女子決勝が行われ、野口啓代(あきよ・TEAM au)が日本人最上位の2位に入り、東京五輪代表に内定した。開催国枠のある競技を除き、新種目では五輪内定第1号。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定し、8選手で争われる決勝には日本勢4人が名を連ねていた。優勝はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、3位にはショウナ・コクシー(英国)が入った。

野口啓代はクライミング選手権で日本人トップとなり、五輪内定した【写真:荒川祐史】
野口啓代はクライミング選手権で日本人トップとなり、五輪内定した【写真:荒川祐史】

日本勢4人が決勝に進出した激しい五輪代表争いは30歳野口が最上位

 東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は20日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の女子決勝が行われ、野口啓代(あきよ・TEAM au)が日本人最上位の2位に入り、東京五輪代表に内定した。開催国枠のある競技を除き、新種目では五輪内定第1号。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定し、8選手で争われる決勝には日本勢4人が名を連ねていた。優勝はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、3位にはショウナ・コクシー(英国)が入った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 スピードはホールドの位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを競う。ボルダリングは複数のコースを完登できた数で争う。リードはロープを使用し、12メートル以上の壁を競技時間内により高く登った選手の勝利となる。各種目の順位を掛け算し、値の小さい選手が上位となる。

 五輪種目採用前から国内外で結果を残してきた女子の第一人者・野口は、まさかの出遅れから意地の逆転劇で五輪切符をつかみ取った。ノックアウト方式のスピードでは、1本目に実力者・野中生萌(みほう・XFLAG)と対戦。終盤で足を踏み外し、10秒696で敗れて頭を抱えた。

 期待した会場のファンからはため息が漏れる。1本目の敗者同士が戦う2本目でも伊藤ふたば(TEAM au)に敗れ、7、8位決定戦で森秋彩(あい・茨城県連盟)に勝利。メダル候補が予期せぬ7位スタートとなった。

 2種目めのボルダリングでは、1トライ目で完登する「一撃」を第1課題で決めて余裕のクリア。第2課題は1トライ目で落下したものの、2トライ目に完登して場内を沸かせた。最後のホールド(突起物)をバンバンと叩いて喜びを表現。3課題中2つを完登し、堂々の1位で終えた。

 この時点で日本人トップの総合2位、日本人2番手の野中は5位だった。勝負の最終種目リードを追われる展開で迎えた野口。最後のリードで3位とし、総合2位で逃げ切った。

 予選は総合2位で決勝に進出した日本人最年長の30歳。東京五輪での引退を表明しており、最後の世界選手権だった。16歳で初めて出場した世界の舞台。当時は報道も少なく、記者会見もない時代。恵まれない環境の中で努力を続け、競技を引っ張ってきた。念願の五輪種目となって日の目を浴びた大舞台。大勢のファンで様変わりしたスタンドの前で強さを見せ、スポットライトの中心で輝きを放った。

 世界選手権で代表内定しなかった選手は、11月の五輪予選(フランス)、来年4月のアジア選手権で選考。有資格者が2人未満、または3人以上の場合は同5月の複合ジャパンカップで決まる。

 21日には男子決勝が行われ、楢崎智亜(ともあ)、藤井快(こころ)、楢崎明智(めいち・いずれもTEAM au)、原田海(日新火災)の4人が五輪切符を懸けて争う。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集