[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、足でもぎ取った三塁打! 到達タイム11秒09は球団史上2番目の快足

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・レンジャーズ戦で「3番・DH」で先発。2回の第2打席で左中間への適時スリーベース。快足を披露して一気に三塁を陥れる走塁は、2015年以降で球団史上2番目のスピードだったという。現地放送局が動画付きで公開している。

三塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
三塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

2回の第2打席で左中間へ適時スリーベース

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・レンジャーズ戦で「3番・DH」で先発。2回の第2打席で左中間への適時スリーベース。快足を披露して一気に三塁を陥れる走塁は、2015年以降で球団史上2番目のスピードだったという。現地放送局が動画付きで公開している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 大谷の武器は投打だけじゃない。足もまぎれもなく超一流だ。4点リードの2回1死一塁。左腕・アラードの外寄りの87マイル(約140キロ)を逆らわず、逆方向へはじき返した。打球は左中間へ。背番号17は大きなストライドでぐんぐん加速する。中堅手はフェンスに到達するまでに抑えたが、一気に二塁ベースも蹴って、間一髪で三塁へ到達。今季4本目の三塁打でチームの6点目をたたき出した。

 足でもぎ取った適時スリーベースにフォーカスしているのは、MLBのアンドリュー・サイモン記者だった。スタットキャストのデータを用いて、自身のツイッターにこう記している。

「スプリントスピード:29.0フィート毎秒(MLB平均の27以上) 本塁から三塁まで:11.09秒(2015年以降、エンゼルスで2番目に速い)」

 スプリントスピードではMLB平均を大きく上回り、スタットキャスト導入以降では三塁までの到達タイム11秒09は史上2番目。見た目にも早い大谷の足だが、データでもしっかりと裏付けられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集