[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、現地で「モモタコール」受けV2へ好発進 「ホームのような雰囲気でできた」

バドミントンの世界選手権が、19日にスイス・バーゼルで開幕し、男子シングルスで2連覇を狙う世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は、1回戦を突破した。

快勝で初戦を突破した桃田賢斗【写真:平野貴也】
快勝で初戦を突破した桃田賢斗【写真:平野貴也】

スイスでの世界選手権、1回戦は世界ランク105位に快勝

 バドミントンの世界選手権が、19日にスイス・バーゼルで開幕し、男子シングルスで2連覇を狙う世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は、1回戦を突破した。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 初戦の相手は、世界ランク105位のカオ・クォン・ファム(ベトナム)。序盤からフットワークで上回り、ラリーを優位に展開すると、安定感のあるレシーブでチャンスを作り、攻撃に転じた。相手が先にミスをする場面も多く、淡々と得点を積み重ね、第1ゲームは21-9で圧勝。第2ゲームもペースを譲らず、11点のインターバルからは地元の子どもの「モモタ」コールが響く中でプレーし、最後は相手がネット前から押し込もうとしたショットがネットにかかって、21-10。2-0のストレートで勝利を収めた。子どもたちの声が聞こえたスタンドに向け、親指を立てるサムズアップのポーズを取った桃田は「声援は、聞こえていましたし、嬉しかったです。ホームのような雰囲気でプレーできました」と笑顔を見せた。

 会場は、昨年2月に桃田が日本代表としての個人戦の復帰戦に臨んだ場所だ。昨年は1月に代表復帰した後、負傷。2月のアジア団体選手権で復帰した後、個人戦の初戦として臨んだのが、スイスオープンだった。当時は、負傷明けで本調子ではなく、準々決勝で敗退。しかし、ほとんど覚えていない様子の桃田は「スイスで試合をしたの、去年でしたっけ? 復帰戦? ああ、たしか、あのときはねんざをした後で、あまりコンディションが良くなかったと思う。あまり、ネガティブなことは思い出さない」と苦笑いを浮かべた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集