[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打球が目で追えない!? 驚異の新人、今季最速190キロ弾に米仰天「並外れたパワー」

米大リーグ、レッズのルーキー、アリスティデス・アキーノが驚異の190キロ弾を放った。8日(日本時間9日)のカブス戦で左翼席へ突き刺す、超弾丸ライナー弾をレッズが公式ツイッターで動画付きで速報。25歳のドミニカンが放った今季最速タイの一撃に、米ファンも驚愕している。

レッズのアリスティデス・アキーノ【写真:Getty Images】
レッズのアリスティデス・アキーノ【写真:Getty Images】

レッズの25歳ルーキー、アキーノが放った超弾丸ライナー弾が話題

 米大リーグ、レッズのルーキー、アリスティデス・アキーノが驚異の190キロ弾を放った。8日(日本時間9日)のカブス戦で左翼席へ突き刺す、超弾丸ライナー弾をレッズが公式ツイッターで動画付きで速報。25歳のドミニカンが放った今季最速タイの一撃に、米ファンも驚愕している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 瞬きする暇もない。文字通りあっという間に、強烈なライナーが左翼席へ突き刺さった。レッズが4点を追う3回、1死一塁での打席だ。極端なオープンスタンスのアキーノは真ん中付近の84マイル(約135キロ)をしばきあげた。

 完璧に捉えた打球は、バズーカのような弾道で一直線に左翼席上段へ。3号2ランは、MLB動作解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度118.3マイル(約190.3キロ)。「スタットキャスト」のデビッド・アドラー記者のツイートによると、これは今季のMLBの最速本塁打に並び、また過去にこれだけの速度の本塁打を放った選手は、ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)、ゲーリー・サンチェス(ヤンキース)、ピート・アロンソ(メッツ)だけだという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集