[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キューバ12歳右腕が圧巻の123キロマーク WBSC公式「U-12ワールドカップ最速だ」

野球のU-12ワールドカップ(W杯)でキューバの12歳右腕が1日、今大会最速の123キロをマークした。大会を統括するWBSCが動画付きで伝えた。

台湾で行われているU-12ワールドカップ【写真:Getty Images】
台湾で行われているU-12ワールドカップ【写真:Getty Images】

U-12W杯でキューバ先発右腕プエリートが今大会最速123キロ記録

 野球のU-12ワールドカップ(W杯)でキューバの12歳右腕が1日、今大会最速の123キロをマークした。大会を統括するWBSCが動画付きで伝えた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 圧巻の1球は、台湾で行われているU-12W杯スーパーラウンド初戦のメキシコ戦で生まれた。キューバの先発マウンドに上がったのは、右腕のアロンソ・プリエート。初回1死だ。がっしりとした長い手足を生かし、ダイナミックなフォームからスリークォーター気味に腕を振る。外角を突いた直球はファウルにされたが、球場表示で123キロ。12歳としては快速球だ。

 侍ジャパンU-12代表も出場している今大会は強豪国の投手でも直球は110キロ前後。大会を統括するWBSC公式インスタグラムは「アロンソ・プリエートが初回に123キロ、U-12ワールドカップ最速だ」と今大会最速として伝え、実際のシーンを動画付きで公開した。プレリートは2007年1月生まれの12歳。この日は4回4安打で6三振を奪い、無失点と快投した。まだ12歳ではあるが、将来が楽しみな逸材だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集