[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英、連日の存在感 スペイン記者賛辞「クボはショーだ。大胆不敵、賢く魅力的」

海外サッカー、スペインリーグ1部レアル・マドリードの日本代表MF久保建英が31日(日本時間8月1日)、アウディ杯3位決定戦のフェネルバフチェ戦で後半28分から途中出場。クロアチア代表MFルカ・モドリッチとの華麗な連係から決定機を演出するなど、存在感を示した。スペイン紙記者は「クボはショーだ。このような選手は守られるべき」と賛辞を述べている。

フェネルバフチェ戦で途中出場した久保建英【写真:Getty Images】
フェネルバフチェ戦で途中出場した久保建英【写真:Getty Images】

モドリッチとの好連係で決定機演出、アス紙記者「このような選手は守られるべき」

 海外サッカー、スペインリーグ1部レアル・マドリードの日本代表MF久保建英が31日(日本時間8月1日)、アウディ杯3位決定戦のフェネルバフチェ戦で後半28分から途中出場。クロアチア代表MFルカ・モドリッチとの華麗な連係から決定機を演出するなど、存在感を示した。スペイン紙記者は「クボはショーだ。このような選手は守られるべき」と賛辞を述べている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 緑のユニホームに身を包んだ久保が密集地帯で輝いた。後半40分、右サイドのスローインを受けた久保が一旦後方のモドリッチにはたき、ダイレクトでリターンをもらって前を向く。すると、すかさず相手守備陣3人が背番号26を厳しくチェック。一気に囲まれたが、密集スペースで煌いた。

 華麗なボールタッチでフェイントを繰り出し、相手を引きつけて空いた中央にパス。走り込んだモドリッチがダイレクトで左足シュートを放った。相手GKの好セーブで阻まれたものの、一気に会場が沸く決定機となった。レアルが誇る背番号10と息の合ったプレーを見せ、存在感を発揮した。

 終盤にもドリブルで持ち込み、右足シュートを放ってゴールを脅かすなど、躍動した久保。試合終了と同時にスペイン紙「アス」のフリオ・マルドナド記者は「クボはショーだ。このような選手は守られるべき。巧みであり、大胆不敵、賢く、魅力的だ。多くの機会があることを願っている」とツイート。高く評価していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集