[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山口茜、奥原希望破って高1以来の2度目V 「6年ぶりだけど、まだ22歳」と笑い誘う

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は28日に最終日を迎え、女子シングルスは山口茜(再春館製薬所)が2-0(21-13、21-15)で奥原希望(太陽ホールディングス)との日本勢対決を制して高校1年生だった2013年以来6年ぶり2度目の優勝を飾った。山口はコート上のインタビューで「6年ぶりと聞くと、もう若くないみたいだけど、まだ22歳です」と笑いを誘い「日本で優勝できて嬉しい。『茜ちゃん』と応援してもらえると力が出る。これからも応援をよろしくお願いします」とファンに気持ちを伝えた。

優勝した山口茜(左)と奥原希望【写真:平野貴也】
優勝した山口茜(左)と奥原希望【写真:平野貴也】

奥原希望を破って6年ぶり2度目の優勝「『茜ちゃん』と応援してもらえると力が出る」

 バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」は28日に最終日を迎え、女子シングルスは山口茜(再春館製薬所)が2-0(21-13、21-15)で奥原希望(太陽ホールディングス)との日本勢対決を制して高校1年生だった2013年以来6年ぶり2度目の優勝を飾った。山口はコート上のインタビューで「6年ぶりと聞くと、もう若くないみたいだけど、まだ22歳です」と笑いを誘い「日本で優勝できて嬉しい。『茜ちゃん』と応援してもらえると力が出る。これからも応援をよろしくお願いします」とファンに気持ちを伝えた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 第1ゲームは、奥原がわずかにリードする展開で進んだが、打った球がコートを捉えずにアウトになる場面が多く、7-8で逆転した山口がラリーの主導権を奪って押し切った。山口は、スピードを上げてラリーを優位に進めるが、強打は打たずに相手をしっかりと見て対応。奥原に再逆転の機会を与えなかった。

 第2ゲームは、奥原が積極的にネット際への球を打って、山口を前後に揺さぶり始めたが、山口は8-10から3連続得点で逆転。見事なクロスレシーブやキレ味のあるカットスマッシュで得点を重ね、21-15で試合を押し切り、ストレートで勝利を収めた。

 山口は「昨日、『明日はロングラリーにならないようにしたい』と言っていたのに、最初から長いラリーになって、今日はダメかなと思ったが、気持ちを切らさずに我慢して、チャンスでスピードを上げるところまで我慢できたことが良かったと思う。最初、自分が無理にスピードを上げて崩そうと思ったけど難しくて、インターバル以降はラリーに付き合いながらチャンスでスピードを上げていくプレーができた」と試合展開の手応えを明かした。

 会場は、1年後に東京五輪が行われる武蔵野の森総合スポーツプラザ。日本の女子シングルスを引っ張る山口、奥原の2人による決勝戦。ファンにとっても、良いイメージの膨らむ試合だった。山口は「正直、今日が1年後だったら良いのになと思ったが、1年あれば、まだまだ成長できる。より高いレベルで再現できたらベストかなと思う。1年は長いので、1日1日頑張っていきたい」と笑顔を見せた。

 山口は、前週に行われたインドネシアオープンも優勝しており、BWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアーで2週連続の優勝。インドネシアオープンがBWFワールドツアー最高峰のスーパー1000、今大会がそれに次ぐスーパー750と高いランキングポイントの設定された大会を連続で制し、東京五輪に向けても大きな前進となる優勝だった。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集