[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1億分の1の確率!? 世界7位名手の“奇跡の当たり損ね”に海外衝撃「なんだって?」

卓球のオーストラリア・オープンで“1億分の1級”の珍事が発生した。レシーブを当たり損ねでミスショットし、高く打ち上がったボールが相手コートにイン。しかも、台の縁に当たってポイントになるというミラクルが発生した。国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開し、海外ファンに「なんだって? どうやったら可能なんだ」「信じられない」「高レベルの運の良さと、心苦しさ」との声が上がっている。

ウーゴ・カルデラノ【写真:Getty Images】
ウーゴ・カルデラノ【写真:Getty Images】

豪州OPで珍事、カルデラノのミスショットが話題「1億分の1の確率!?」

 卓球のオーストラリア・オープンで“1億分の1級”の珍事が発生した。レシーブを当たり損ねでミスショットし、高く打ち上がったボールが相手コートにイン。しかも、台の縁に当たってポイントになるというミラクルが発生した。国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開し、海外ファンに「なんだって? どうやったら可能なんだ」「信じられない」「高レベルの運の良さと、心苦しさ」との声が上がっている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 世にも珍しいプレーで話題を呼んだのは、世界ランク7位ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)だ。男子シングルス1回戦の趙勝敏(韓国)戦、第1ゲームで6-4とリードして迎えた場面だった。

 相手のサーブから始まったラリーでカルデラノは果敢に回転をかけ、フォアを打ちにいった。しかし、これがミス。ラケットに当たり損ね、ボールは高々と舞い上がった。アウトか――。そう思ったが、飛んで行ったのは相手コート。入るかと思い、相手も身構えてボールが落ちてきた瞬間だ。なんとボールはテーブルの右端の角を直撃。そのまま不規則に審判台の方に跳ねたのだ。

 突然の出来事にさすがに趙勝敏も反応できない。これには思わず会場から「Ohhhhh!」というどよめきが沸き起こった。当たり損ねが一転、超ラッキーなポイントに。ITTF公式インスタグラムは「One in a BILLION(1億に1回)」という表現を使い、「二度と起こらない、非常に稀な可能性」と動画付きで公開。ITTF日本語版公式ツイッターも「1億分の1の確率!?」と反応している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集