[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

投手が飛んだ!? 悶絶の“本塁跳躍タッチ”に米ファン絶賛「このプレーは最高だ」

米大リーグで本塁を狙った三塁走者を、投手が果敢なダイビングでタッチし、アウトにするという超ハッスルプレーが発生。グラウンドに打ちつけられ、悶絶したほどの気迫のプレーをMLBが公開し、「なんてプレーだ」「このプレーは最高だ」「すげぇ」などと米ファンの反響を集めている。

マイケル・ギブンズ【写真:Getty Images】
マイケル・ギブンズ【写真:Getty Images】

オ軍右腕ギブンズが演じた超ハッスルプレーに喝采「なんてプレーだ」

 米大リーグで本塁を狙った三塁走者を、投手が果敢なダイビングでタッチし、アウトにするという超ハッスルプレーが発生。グラウンドに打ちつけられ、悶絶したほどの気迫のプレーをMLBが公開し、「なんてプレーだ」「このプレーは最高だ」「すげぇ」などと米ファンの反響を集めている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 気迫あふれるプレーで沸かせたのは、オリオールズの右腕マイケル・ギブンズだった。3日(日本時間4日)のレイズ戦、3-3で迎えた8回だった。このイニングから登板した29歳は1死三塁のピンチを招く。ここで打者ディアスの当たりはマウンド方向へボテボテのゴロ。意を決して三塁走者は本塁へ突っ込み、ギブンズは咄嗟にチャージして捕球すると、次の瞬間だ。

 勢いそのままに跳んだ――。95キロの巨体が宙に浮き、懸命に左手のグラブを伸ばす。そして、本塁寸前で滑り込んだユニホームをかすめるようにして、タッチを試みた。そのままグラウンドに打ちつけられたギブンズ。判定はアウトだ。打ちつけられた反動で、しばらく起き上がれないほどだったが、執念のプレーは三塁走者アウトという最高の形で実を結んだ。

 MLB公式インスタグラムは実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした米ファンからも「ピッチャーたちはアスリートだ」「なんてプレーだ」「これは素晴らしい」「彼はいつも全力プレーをする」「このプレーは最高。ファンタスティックだ」「すげぇ」と驚きの声が続々と上がっていた。

 このイニングを無失点で抑えたギブンズ。その執念に押されるようにして、直後に味方が6点を勝ち越し、見事に勝ち投手となった。流れを呼び込んだスーパープレーだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集