[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“巧みの内角打ち”に現地解説者が賛辞連発「いやぁ、彼は本当に力強い」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。第2打席で10号弾を中堅左に叩き込んだ。昨年の22本塁打に続き、2年連続2ケタ本塁打に到達したシーンに現地の実況席も大興奮。解説を務めた球団OBのマーク・グビザ氏も賛辞を連発していた。

今季10号弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
今季10号弾を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本拠地実況席も大興奮、解説のグビザ氏「どうすればあのボールを本塁打に…」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」でスタメン出場。第2打席で10号弾を中堅左に叩き込んだ。昨年の22本塁打に続き、2年連続2ケタ本塁打に到達したシーンに現地の実況席も大興奮。解説を務めた球団OBのマーク・グビザ氏も賛辞を連発していた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 投手からすると、あのボールを打ち返されたのだからお手上げだろう。1点リードの3回1死一塁での第2打席だ。カウント1-1からの3球目、内角ひざ元への難しいファストボールをコンパクトに叩いた。打球は高々と舞い上がる。そのまま、必死で追いかける中堅手の頭上を越え、スタンドへ飛び込んだ。

 打球速度105マイル(約170キロ)、飛距離406フィート(約124メートル)の10号2ランだ。難コースを超絶技巧でスタンドまで運んだ一打に、お馴染みエンゼルスの本拠地実況席も感嘆していた。

 元投手のグビザ氏は「どうすればあのボールを本塁打にできるのか分かりません。低めのファストボールをセンターまで運びました」「投手の投げた場所は低め、これをセンターまで飛ばしすんですよ。何てスイングだ。いやぁ、彼は本当に力強いな」と賛辞を連発していた。

 実況のビクター・ロハス氏も「これが打てるような、とんでもなく強い手と手首を持っていますね」と同調。するとグビザ氏は「これこそが、ホームランダービーにショウヘイ・オオタニが出場したら面白いだろうという、話題が生まれる理由です」と期待をかけつつも、「しかしその話題は避けなければいけません。なぜならば、彼は未だリハビリの最中なのですから」と投球を再開したばかりの、右ひじの状態も慮っていた。

 暑い時期を迎え、大谷はぐんぐん調子を上げている。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集