[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、日本人初1巡目指名の快挙! ウィザーズが全体9位で指名「皆さん、やりました!」

米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議が20日(日本時間21日)、ニューヨークのバークレイズセンターで行われ、八村塁(ゴンザガ大)が日本人初となる1巡目指名を受けた。全体9位でウィザーズが指名し、歴史的快挙となった。

ドラフト会議に出席した八村塁【写真:Getty Images】
ドラフト会議に出席した八村塁【写真:Getty Images】

ドラフト指名経てNBAでプレーすれば、こちらも史上初

 米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議が20日(日本時間21日)、ニューヨークのバークレイズセンターで行われ、八村塁(ゴンザガ大)が日本人初となる1巡目指名を受けた。全体9位でウィザーズが指名し、歴史的快挙となった。日本人のドラフト指名は1981年の岡山恭崇(入団せず)以来。ドラフト会議を経てNBAでプレーすれば、こちらも史上初だ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 八村は有力指名予定選手が待機する「グリーンルーム」に招待され、紫を基調としたジャケットにブルーのシャツ、蝶ネクタイ姿、襟元には日の丸のピンバッチを着けて会場入り。弟も連れ立ち、運命の瞬間を待った。ドラフト前の米メディアの予想でも1巡目指名が有力視されていたが、見事に快挙を掴んだ。

 会場のインタビューでは、日本語で「皆さん、やりました!」と日本のファンに向け、メッセージを送った。

 ベナン人の父と日本人の母を持つ八村は富山出身。中学から本格的にバスケを始め、明成(宮城)で数々の日本一タイトルを獲得した。卒業後は直接、ゴンザガ大入り。NCAAで3年間プレーし、エース級に成長した。日本代表にも選ばれ、同じくNBAでプレーする渡邊雄太とともに2大エースに君臨している。

 前日には「ここまできて、不思議で、何とも言えない感じ。大きなことだと思うので、楽しんで、モーメントを味わいたい。NBAに入ってからが本当」と心境を語っていた。ついに日本人初となる快挙を果たした21歳。日本バスケ界の歴史に刻まれる日となった。全体1位ではペリカンズがザイオン・ウィリアムソン(デューク大)を指名した。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集