[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ騒動 怒りのティエムに重鎮ら理解「誰もが待つべき」「大会側はお粗末」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)で3回戦勝利後、男子世界ランク4位のドミニク・ティエム(オーストリア)が記者会見中に敗退の決まった女子元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)の要望で退室を命じられ、激怒する事態が発生。セリーナ騒動に波紋は広がり、4大大会優勝6度のボリス・ベッカー氏(ドイツ)らテニス界の重鎮もティエムの怒りに理解。「セリーナを含む誰もが待たなければいけない」と同情している。米地元紙「ワシントン・ポスト」が報じている。

セリーナ・ウィリアムズは3回戦で全仏オープンから姿を消した【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズは3回戦で全仏オープンから姿を消した【写真:Getty Images】

会見の退席を巡る騒動、ベッカー氏「セリーナを含む誰もが待たないといけない」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)で3回戦勝利後、男子世界ランク4位のドミニク・ティエム(オーストリア)が記者会見中に敗退の決まった女子元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)の要望で退室を命じられ、激怒する事態が発生。セリーナ騒動に波紋は広がり、4大大会優勝6度のボリス・ベッカー氏(ドイツ)らテニス界の重鎮もティエムの怒りに理解。「セリーナを含む誰もが待たなければいけない」と同情している。米地元紙「ワシントン・ポスト」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 女子シングルス3回戦でノーシードのソフィア・ケニン(米国)にストレート負けを喫したセリーナ。試合後の行動で物議を醸している。3回戦で勝利したティエムの記者会見中、通常は勝者の記者会見終了を待つのが慣例のところ、セリーナは主催者側へすぐに記者会見場を用意することを要望した。

 この煽りを受けたのがティエムだ。会見場の退去を命じられると激りを露わに。記事によると「誰が会見場に座っているかは関係ないこと。会見していたのがジュニアの選手でも同じだ。ロジャー・フェデラーやラファエル・ナダルはこんなことを絶対にしないと100%確信しているよ」と苦言を呈したという。

 続く3日の4回戦で世界17位のガエル・モンフィス(フランス)をストレートで下した後も不快感を隠そうとしなかったという。「もし、彼女が僕を見たなら、待っていた方がマナーは良かったかもしれないね。彼女には多少の過ちがあったと思う。そして、係員の多少のミスもあったと思う。これ以上、この問題については触れないよ」と語ったという。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集