[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織はアウェーで強い 「8割6分」と「8割」、ペール撃破を裏付ける2つの数字とは

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は2日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は同38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。6-2、6-7(8-10)、6-2となったところで日没サスペンデッドとなり、3日の準センターコートでの第2試合に組み込まれた。

ブノワ・ペールと対戦した錦織圭【写真:Getty Images】
ブノワ・ペールと対戦した錦織圭【写真:Getty Images】

仕切り直しの“延長戦”は日本時間3日の午後7時以降

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は2日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は同38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。6-2、6-7(8-10)、6-2となったところで日没サスペンデッドとなり、3日の準センターコートでの第2試合に組み込まれた。完全アウェーの試合だったが、ATP公式サイトでは錦織の“逆境”に対する圧倒的な強さを紹介している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ペールのサービスゲームから始まった第1セットは、第2ゲームでいきなりブレークされたが、第3ゲームをブレークバックすると6ゲーム連続で奪取。わずか28分。一方的な展開に、そのまま錦織が主導権を握ると思われた。

 しかし、第2セットは地元の大声援にも押されたペールに逆襲され、タイブレークの末に8-10で奪われた。それでも第3セットを6-2で、セットカウント2-1としたところで日没サスペンデッドとなった。

 3日の午後7時以降に仕切り直しとなる“延長戦”。勢いをそがれた格好にはなったが、データは強く錦織を後押ししている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集