[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平激走も本塁憤死… “微妙判定”に米ファン賛否「監督はチャレンジすべき」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマーク。前日の今季1号に続き、復活をアピールした。8回には二塁から快足を飛ばして果敢に本塁を狙ったが、クロスプレーの末に中堅手の好返球に阻まれた。米記者は98.6マイル(約158.7キロ)を記録した驚異の強肩を動画とともにレポートしているが、微妙な判定となったことについて「彼はセーフだ」「監督はチャレンジすべき」「判定が覆る可能性はゼロだ」などと米ファンから声が上がっている。

大谷は同点のホームを踏むには至らなかった【写真:Getty Images】
大谷は同点のホームを踏むには至らなかった【写真:Getty Images】

二塁から本塁生還を狙った8回の判定に様々な意見「判定が覆る可能性はゼロだ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマーク。前日の今季1号に続き、復活をアピールした。8回には二塁から快足を飛ばして果敢に本塁を狙ったが、クロスプレーの末に中堅手の好返球に阻まれた。米記者は98.6マイル(約158.7キロ)を記録した驚異の強肩を動画とともにレポートしているが、微妙な判定となったことについて「彼はセーフだ」「監督はチャレンジすべき」「判定が覆る可能性はゼロだ」などと米ファンから声が上がっている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 間一髪のタイミングだった。1点を追う8回1死で迎えた第4打席でボテボテのゴロに快足を飛ばし、投手内野安打をもぎ取った大谷。後続の安打で好機が広がり、2死一、二塁とし、グッドウィンの中前打で二塁から一気に本塁を狙った。しかし、中堅手のバクストンが矢のような送球を披露。ノーバウンドで捕手のミットに届き、本塁でクロスプレーとなった。

 大谷は右足から滑り込み、本塁を狙う。捕手のガーバーはキャッチするや、その大谷の右足にタッチを試みた。アウトかセーフか。なんとも微妙だったか、主審の判定はアウト。セーフをアピールした大谷だったが、無念の結果となった。

 MLB公式サイトのエンゼルス番記者レット・ボリンジャー氏は自身のツイッターで、MLB動作解析システム「スタットキャスト」によると、バクストンの送球が98.6マイル(約158.7キロ)だったことを動画付きでレポートしたが、米ファンからは「勢いをつけずに送球した。信じられない!」という称賛のほかに判定を巡り、様々な声が上がった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集