[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

速球王ヒックス、“動く160キロ”が100万再生大反響 捕手にも称賛「どう捕球するの」

米大リーグ、カージナルスの“速球王”ジョーダン・ヒックス投手が動く100マイル(約161キロ)超のファストボールを投じ、米ファンの度肝を抜いていたが反響が拡大。MLBが公開した動画は再生回数が100万回を突破。ヒックスへの称賛以外に、捕手のヤディアー・モリーナに対して「どうやって毎回キャッチしているんだよ」などと称える声も上がっている。

ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

ヒックスの160キロバックドアが反響拡大、再生回数が100万回突破

 米大リーグ、カージナルスの“速球王”ジョーダン・ヒックス投手が動く100マイル(約161キロ)超のファストボールを投じ、米ファンの度肝を抜いていたが反響が拡大。MLBが公開した動画は再生回数が100万回を突破。ヒックスへの称賛以外に、捕手のヤディアー・モリーナに対して「どうやって毎回キャッチしているんだよ」などと称える声も上がっている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 4月29日(日本時間30日)の敵地ナショナルズ戦の9回に登板し、打者3人でピシャリと締めたヒックス。特に驚きを呼んでいたのは、無死で打席にゴームズを迎えての初球だ。

 右腕から放たれたボールは外角のボールゾーンから急激に変化し、真ん中付近で捕手のミットに吸い込まれた。見事なバックドアだが、驚くべきは球速だ。なんと100.3マイル(約161キロ)。このスピードでシンカーのような軌道で動くのだから、打者としてはなかなか手が出ない。

 この1球をMLBは「この魔術はなんだ」と題して動画付きで公開。スローで見ると、その驚きの変化の軌道がはっきりとわかるが、捕手のモリーナのフレーミング技術もスゴイのが見て取れる。ファンにも驚きが拡散している。

「ヤディはどうやってこの球を毎回キャッチしているんだよ」
「どうやって打つんだ」
「何だこりゃ」
「僕が考えるに、今最も良いクローザーだ」
「魔法使いヒックス」
「こんなのフェアじゃない」

 ヒックスもモリーナを信頼しているからこそ、投じられる“魔球”。2人のコンビでセーブを積み上げていきそうだ。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集