[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超美技の後で… ア軍中堅手の“2ラン強奪直後の強肩”に米騒然「冗談でしょ!?」

米大リーグでフェンスを越えそうな2ラン性の打球をジャンプ一番で捕球。しかも、飛び出したランナーを刺そうとした強肩からゲッツーに発展する超ファインプレーとなった。実際のシーンをMLBが動画付きで公開すると、「リーグ最高の肩」「冗談でしょ??!!」「肩強すぎ」とファンを騒然とさせている。

ラモン・ラウレアーノ【写真:Getty Images】
ラモン・ラウレアーノ【写真:Getty Images】

ラウレアーノが本塁打強奪後に放った強肩から併殺に…ファン「肩強すぎ」

 米大リーグでフェンスを越えそうな2ラン性の打球をジャンプ一番で捕球。しかも、飛び出したランナーを刺そうとした強肩からゲッツーに発展する超ファインプレーとなった。実際のシーンをMLBが動画付きで公開すると、「リーグ最高の肩」「冗談でしょ??!!」「肩強すぎ」とファンを騒然とさせている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ホームラン強奪から“その後”まで凄かった。驚異のプレーを演じたのは、アスレチックスのラモン・ラウレアーノ外野手だ。21日(日本時間22日)のブルージェイズ戦、0-0で迎えた2回無死一塁の守備だった。打者のヘルナンデスが放った打球は中堅左へ大飛球となった。ホームランか。しかし、中堅手のラウレアーノが懸命に背走し、フェンス際で跳んだ。そして――。

 フェンス最上部からさらに高い位置でグラブを出して捕球。見事なホームラン強奪となったが、本当の驚きはここからだ。ラウレアーノは超美技の余韻に浸ることなく、向き直り、一気にボールをぶん投げた。飛び出した一塁走者を刺そうとしたのだ。驚異の強肩から放たれた送球は一塁手を越え、一塁ファウルグラウンドまで飛んで行った。それでも、守備陣も諦めない。

 カバーした捕手が素早く処理し、遊撃手へ転送。二塁を狙った一塁走者を刺し、結果的に併殺を完成させたのだ。ラウレアーノの超美技と執念が生んだプレーだった。MLB公式インスタグラムは「え、何が起こった?」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした米ファンも度肝を抜かれた様子だ。

 コメント欄では「リーグ最高の肩」「冗談でしょ??!!」「肩強すぎ」「今現在最も強力なキャノン」「彼の肩すごいな」などとラウレアーノの強肩ぶりに驚いたファンが溢れた。試合こそ、アスレチックスが4-5で惜敗したが、24歳の若手中堅手がやってのけたプレーは、この試合のハイライトの一つとなっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集