[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

混合複の渡辺&東野 五輪レースへ臨むカギは「平常心と人間観察?」

五輪という大舞台に左右されない平常心を求める男と、道行く人々の幸せを願う女が、世界に挑む。7月に東京で行われるバドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」(7月23~28日、東京都・武蔵野の森総合スポーツプラザ)の開催記者発表会が17日に行われ、混合ダブルスに出場予定の渡辺勇大、東野有紗(ともに日本ユニシス)は「国内開催でたくさんの応援を受けられるので、自信を持って臨み、優勝を勝ち取れるように頑張りたい」(渡辺)、「前回は3位で悔しかった。今年は優勝という結果を残せるように、声援を力に変えて頑張りたい」(東野)と初優勝にかける意気込みを語った。

東野有紗(左)と渡辺勇大【写真:平野貴也】
東野有紗(左)と渡辺勇大【写真:平野貴也】

7月開幕ジャパンオープン記者会見、渡辺、東野組は初優勝へ意気込み

 五輪という大舞台に左右されない平常心を求める男と、道行く人々の幸せを願う女が、世界に挑む。7月に東京で行われるバドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」(7月23~28日、東京都・武蔵野の森総合スポーツプラザ)の開催記者発表会が17日に行われ、混合ダブルスに出場予定の渡辺勇大、東野有紗(ともに日本ユニシス)は「国内開催でたくさんの応援を受けられるので、自信を持って臨み、優勝を勝ち取れるように頑張りたい」(渡辺)、「前回は3位で悔しかった。今年は優勝という結果を残せるように、声援を力に変えて頑張りたい」(東野)と初優勝にかける意気込みを語った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 2人は、昨季から急成長を遂げており、今季も全英オープンで準優勝するなど力をつけている。昨年は、天敵の中国ペアに敗れて決勝進出はならなかったが、ベスト4に入り、力のあるところを見せた。前回を超える活躍ができるか、期待される。

 左利きで機動力と頭脳的なプレーが特徴の渡辺(21歳)と、女子では珍しいパワフルなジャンピングスマッシュを打てる東野(22歳)は、1学年違いの若いペアだ。渡辺は、伸び盛りの若手として期待を受けることを理解しつつも、一足飛びの飛躍をイメージせず、一歩一歩の着実な前進を心がけている。

 この日も「五輪をほかの人より意識していないかもしれない。周囲が特別視することで、自分も流されて大会前から特別視するようになるのではという印象。できるだけ、意識したくない。いつも通りのフラットな気持ちで臨めたら良い」と大舞台を意識し過ぎて波を作らず、平常心で挑戦を続ける姿勢を強調した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集