[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

足は滑ってるのに… ヤ軍三塁手の“鬼肩送球”にMLB仰天「これはクレイジーだ」

米大リーグで三塁線の打球を捕球直後、足が滑って体勢を崩しながら送球し、ノーバウンドで打者走者を一塁アウトにするという驚愕のプレーが発生。実際のシーンをMLBが「この送球はクレイジーだ」と驚きをもって動画付きで公開し、「マチャドより良い」「プレー・オブ・ザ・イヤー」と米ファンの視線を釘付けにしている。

ヤンキースのジョバンニ・ウルシェラ【写真:Getty Images】
ヤンキースのジョバンニ・ウルシェラ【写真:Getty Images】

ウルシェラが足を滑らせながら演じた超美技に喝采「マチャドより良い」

 米大リーグで三塁線の打球を捕球直後、足が滑って体勢を崩しながら送球し、ノーバウンドで打者走者を一塁アウトにするという驚愕のプレーが発生。実際のシーンをMLBが「この送球はクレイジーだ」と驚きをもって動画付きで公開し、「マチャドより良い」「プレー・オブ・ザ・イヤー」と米ファンの視線を釘付けにしている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 肩の強さに体勢なんて関係ないのか。ヤンキースのジョバンニ・ウルシェラ内野手が驚愕の送球を演じた。16日(日本時間17日)、4-0でリードした6回先頭、ベッツの打球が三塁線を襲った。鋭い反応を見せ、ベース後方から逆シングルで捕球したウルシェラ。反転して一塁へ。しかし、土から芝に切れ替わるところで踏ん張る左足が滑った。

 ただ、ウルシェラはお構いなしだった。体勢を崩しながら上半身を反転させ、そのまま右腕を振った。体勢の悪さとは反比例するように送球は強く、速い。なんと失速することなく、そのまま一塁手のミットへノーバウンドで届いたのだ。そして、打者走者をしっかりと仕留めてみせた。圧巻のプレーにスタジアムはどよめきが沸き起こった。

 クリーンな体勢でも本来は難しいプレー。それを足を滑らせながらやってのけるのだから恐れ入る。MLB公式インスタグラムは「この送球はクレイジーだ」と衝撃を受けた様子でつづると、目の当たりにしたファンも度肝を抜かれている。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集