[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

痛がる球審を気遣う間に… 捕手の“珍ホームイン”献上に米反響「審判は大丈夫?」

ファンからは走者称賛、捕手擁護に「可哀そうな審判」の声も…

 まさかのホームイン。ようやく体を起こした球審が弱々しく片手でセーフのジェスチャーを取ったのが、なんとも印象的だった。ゴードンは集中を切らさず、相手の隙を突いた好走塁。一方、捕手のチリーノスにとっては球審を気遣った“優しさ”が結果的に仇となってしまった。実際のシーンをMLB公式インスタグラムが動画付きで公開すると、大きな反響を呼んだ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「ゴードンは速い」「ディーは神だ」と走者を称賛する一方で「捕手は審判が大丈夫かどうか、確認に集中しているね」「捕手が審判の安否を確かめていたからね」と捕手を擁護する声も。「聞きたいのは……審判は大丈夫?」「可哀そうな審判。給料を上げるべき」「本当のMVPは審判。彼は立ち上がり、残りの試合も全うした」と球審に対する反応も集まっていた。

 この回、2点を入れたマリナーズだったが、試合は10-6でアストロズが勝利した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集