[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英、55年ぶり秩父宮弾は“角度20度”の直接FK リーグも興奮「衝撃の直接FK弾」

サッカーJリーグ、FC東京のU-20日本代表MF久保建英は、10日のルヴァンカップグループステージ第3節サガン鳥栖戦で衝撃の決勝FK弾を突き刺し、チームの1-0勝利に貢献した。ラグビーの聖地、秩父宮での55年ぶりのサッカー開催で歴史に名を刻んだ。Jリーグ公式ツイッターが動画つきで公開している。

久保建英【写真:Getty Images】
久保建英【写真:Getty Images】

秩父宮での55年ぶりの開催で歴史に名を刻む

 サッカーJリーグ、FC東京のU-20日本代表MF久保建英は、10日のルヴァンカップグループステージ第3節鳥栖戦で衝撃の決勝FK弾を突き刺し、チームの1-0勝利に貢献した。ラグビーの聖地、秩父宮での55年ぶりのサッカー開催で歴史に名を刻んだ。Jリーグ公式ツイッターが動画付きで公開している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 秩父宮でのサッカー開催という歴史的な一戦で、久保がその左足で魅せた。

 雨が降り、気温も5度前後。真冬並だった秩父宮に集まったサポーターを、一瞬で熱くさせた。後半39分だ。FC東京は敵陣のエリアやや右でFKを獲得。キッカーは後半途中から出場した久保だ。エリアのすぐ外で距離はないが、角度もあまりなく、20度程度か。決してゴールを狙うのは簡単な位置ではなかったが、久保は狙い澄まして左足を振り抜くと、低い弾道のままサイドネットに突き刺さった。

 今季公式戦7試合目で待望の初得点。日本の至宝が決めた一撃を、Jリーグは公式ツイッターで「衝撃の直接FK弾」と題して動画を公開。拍手を送っている。

 着実に成長を遂げている17歳の大器。バルセロナ育ちの日本サッカー界の至宝は、今やチームになくてはならない戦力として躍動している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集