[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表入り期待の20歳テーブス海、“新人賞”候補選出 1試合平均7.7アシスト記録

米の大学バスケットボール界で活躍する日本人は八村塁(ゴンザガ大)だけではない。ノースカロライナ大ウィルミントン校(UNCW)のPGテーブス海が2019年のフレッシュマン・オールアメリカンに選出。“新人賞”の候補入りした。ルーキーにして不動の地位を築いたテーブス。カナダ人の父と日本人の母を持ち、8月に開幕するワールドカップ(中国)での日本代表入りも期待されている20歳が脚光を浴びている。

テーブス海【写真:Getty Images】
テーブス海【写真:Getty Images】

ザイオンらとともにノミネート、発表は日本時間6日

 米大学バスケットボール界で活躍する日本人は八村塁(ゴンザガ大)だけではない。ノースカロライナ大ウィルミントン校(UNCW)のPGテーブス海が2019年のフレッシュマン・オールアメリカンに選出。“新人賞”の候補入りした。ルーキーにして不動の地位を築いたテーブス。カナダ人の父と日本人の母を持ち、8月に開幕するワールドカップ(中国)の日本代表入りも期待されている20歳が脚光を浴びている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 今季は全米大学体育協会(NCAA)1部で33試合中32試合に出場。1試合平均8.8得点、7.7アシストを記録した。ウィルミントンのテレビ局「WWAY」によると、1試合アシスト数ではディビジョン内では2番目の数字。これを上回るのは6月のNBAドラフトで1巡目指名が確実なジャ・モラント(マレー州立大)のみだ。

 同局の記事によると、カイル・メイシー賞のファイナルリスト30人に選出されており、他にはデューク大のR.J.バレット、ザイオン・ウィリアムソンらNBAドラフトの目玉候補らとともにリストに上がっているという。同賞を主催する「カレッジインサイダー.コム」によると発表は5日(日本時間6日)。

 テーブスは188センチと小柄なポイントガード。日本生まれで、高校2年から渡米し、昨秋から大学に進学した。父のBT・テーブス氏はWリーグの富士通レッドウェーブでヘッドコーチを務めている。

 将来はNBA入りも期待される逸材。日本にとっても待望のPGの希望の星だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集