[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

恐竜がマウンドに登場! シュール過ぎる映像に米ファン困惑「史上最低の始球式?」

米大リーグで実に奇妙な始球式が行われた。3月31日(日本時間4月1日)のレンジャーズとカブスの一戦で登板?したのはなんと恐竜……。精巧に作られド迫力の仕上がりだったが、肝心の投球は……。MLBが公式ツイッターで動画付きで投稿。ファンからは困惑の声が漏れている。

試合はレンジャーズがサヨナラ勝ちしたが、試合前の始球式には恐竜が登場【写真:Getty Images】
試合はレンジャーズがサヨナラ勝ちしたが、試合前の始球式には恐竜が登場【写真:Getty Images】

始球式になんと恐竜が登板、その結果は…

 米大リーグで実に奇妙な始球式が行われた。3月31日(日本時間4月1日)のレンジャーズとカブスの一戦で登板?したのはなんと恐竜……。精巧に作られド迫力の仕上がりだったが、肝心の投球は――。MLBが公式ツイッターで動画付きで投稿。ファンからは困惑の声が漏れている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 これは一体何の場面なのか。マウンドの遥か前方。ホームプレートまでわずか数メートルのところに登場したのは恐竜だった。始球式の大役を任されたが、ボールを手に持つことができない。それならばと、大きな口で咥え、体をひねりながら反動で投げようとしたのだが……。

 肝心のボールがうまく口から離れない。わずかな間の後に、口からポトリ。足元から数10センチのところに転がった。慌ててレンジャーズのマスコットと選手がボールに拾いに来る、あまりにシュールな光景だったが、現地の観客は大歓声を送っていた。

 MLBは「ほんの少し外側」と題して動画を公開。これに対して、ファンからは様々な声が上がっている。

「彼らが絶滅したのは不思議じゃない」
「50セントの始球式よりもマシ」
「彼はベストを尽くしたからOK」
「このチェンジアップはバッターを絶滅させるだろうね」
「史上最低の始球式?」
「トミー・ジョン手術をするべき」
「ジュラシック・ボールパーク」

 レンジャーズはこの日「ダイノ・デイ」という恐竜がコンセプトのイベントを設けており、その一環としての始球式。なんとも言えない結末となったが、そのうっぷんを晴らすように試合ではレンジャーズが乱打戦を制し、11-10で勝利した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集