[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「シャレにならない」魔球 現役MLB捕手ものけぞる衝撃 世界で反響「信じられない」

「シャレにならない」魔球 現役MLB捕手ものけぞる衝撃 世界で反響「信じられない」

「衝撃の魔球」だ。米女子ソフトボール選手が、現役MLB捕手をのけぞらせ、キャッチできないほどの剛速球を披露した。その一部始終を米メディアも動画付きで紹介。プロも思わず「シャレにならない!!!」と振り返るほどの投球に、映像を見た世界のファンから「信じられない」「印象的かつ衝撃的だ」と感嘆の声が挙がっている。

女子ソフトボール選手のパーカーさん、MLB始球式の練習で「ライズボール」披露

「衝撃の魔球」だ。米女子ソフトボール選手が、現役MLB捕手をのけぞらせ、キャッチできないほどの剛速球を披露した。その一部始終を米メディアも動画付きで紹介。プロも思わず「シャレにならない!!!」と振り返るほどの投球に、映像を見た世界のファンから「信じられない」「印象的かつ衝撃的だ」と感嘆の声が挙がっている。

 話題の主役となったのは、オクラホマ大のソフトボール部でエースとして君臨するペイジ・パーカーさんだ。

 カンザスシティのインディペンデンス出身のパーカーさんは、6月20日に地元のカウフマン・スタジアムで行われたカンザスシティ・ロイヤルズとボストン・レッドソックス戦の始球式に登場。試合前に練習を行ったスタジアム内のブルペンで、まさかの出来事が起こったのだ。

 27日(日本時間28日)にオクラホマ大が公式ツイッターで公開した動画では、左利きのパーカーさんがロイヤルズの捕手ドリュー・ブテラ相手に、練習投球をする様子が収められている。「行くわよ」とソフトボールと同様に下手投げで放たれたボールは、ホームベース手前で急激に上昇。ソフトボール特有で、“魔球”とも呼ばれる「ライズボール」は、普段、MLB投手の160キロ近いボールを受けているブテラもでもキャッチできなかった。

 あまりの変化にボールを取りそこない、後方にひっくり返りそうになったブテラ。それを見守っていたチームメイトたちも騒然とした。その後、ブテラは恥ずかしさを隠すように、笑いながらビデオを消すよう指示して練習は再開。2球目はやや引け腰になりながらも、プロの意地を見せて何とか捕球したが、見慣れないライズボールの衝撃にギャラリーからは「なんてことだ!」という声が飛んでいる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー