[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に敵国も熱視線 プエルトリコ紙が特集「決勝行くにはマニーに勝つ必要ある」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。プエルトリコ紙で特集が組まれ、ライバルの母国で早くも熱視線を浴びている。

井上尚弥(左)とエマニエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とエマニエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

WBSS準決勝で激突ロドリゲスの母国紙が脚光「ナオヤは自らのスキルに懸ける」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。プエルトリコ紙で特集が組まれ、ライバルの母国で早くも熱視線を浴びている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

「ナオヤは自らのスキルに懸ける」と見出しを打って特集したのは、プエルトリコ紙「プリメイラ・オラ」だった。

 記事では「WBAチャンピオンのナオヤ“モンスター”イノウエはWBSS決勝に駒を進めようとしている」と井上をクローズアップ。「そうするために、彼はスコットランドはグラスゴーで、プエルトリコ人ボクサーのエマヌエル“マニー”ロドリゲスに勝たなければいけない」と注目のセミファイナルを取り上げている。

 さらに、記事では井上がロドリゲス戦に向けて語ったコメントも紹介。「このトーナメントで優勝して、弟の拓真と118ポンドを支配したい」と語り、WBC世界暫定王者の弟とともに統一を宣言したことなどを伝えている。決戦まであと2か月以上あるが、事実上の決勝と呼ばれる一戦。PFP上位に選出されるスターの動向は、プエルトリコでも注目されている。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集