[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、強すぎる12勝目に歓喜「明日からフライング楽しみ」 引退盟友も惜別

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第25戦(ノルウェー・トロンフェイム)は14日、個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が合計298.4点で今季、通算ともに12勝目を挙げた。試合後、インスタグラムを更新。この試合で引退する地元の名手らとの表彰式3ショットを画像付きで公開し、惜別している。

小林陵侑【写真:Getty Images】
小林陵侑【写真:Getty Images】

圧勝でシーズン歴代3位12勝目、試合後に歓喜の表彰式3ショットを掲載

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第25戦(ノルウェー・トロンヘイム)は14日、個人総合優勝を決めている小林陵侑(土屋ホーム)が合計298.4点で今季、通算ともに12勝目を挙げた。試合後、インスタグラムを更新。この試合で引退する地元の名手らとの表彰式3ショットを画像付きで公開し、惜別している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 シーズンが佳境となっても、小林陵の強さに陰りは見えない。1回目に141メートルで首位に立つと、2回目に最長不倒の141.5メートルをマークして圧勝。すでに日本男子初のW杯個人総合優勝を決めていたが、さらに勝ち星を伸ばし、歴代3位のシーズン12勝目を挙げた。歓喜を示すように試合後、インスタグラムを更新。4枚の画像を掲載した。

 表彰式で3人並んだ真ん中に堂々と立った小林陵。手には花束とスキー板を持ち、やりきった表情を浮かべている。その左隣にはこの試合をもって引退する地元ノルウェーの名手スティエルネンも一緒に笑顔。他にも、個人で花束を持って笑みを決める写真、美しい飛躍を決める写真、スティエルネンと握手を交わす写真も掲載している。

 投稿では「最後のラージヒル 明日からフライング楽しみ」とつづった上で、これまで頂点を競い合ってきた30歳のスティエルネンに対し「今までありがとうございました」と惜別と感謝のメッセージを記していた。シーズンもクライマックス。最後まで小林陵は強さを発揮し、飛び続ける。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集