[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“70秒KO級”衝撃再現へ 仕掛け人はWBSS第3弾へ意欲「ハードル上がった」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でIBF王者エマニエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。WBSSのプロモーター、カレ・ザワーランド氏はシーズン3の開催準備を進めていることを明かす一方、2018年度の年間最優秀KO賞に輝いたWBSS初戦の井上の70秒殺劇について「最大限までハードルが上がった」と振り返っている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSSプロモーターのザワーランド氏がシーズン3構想明かす

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月18日・グラスゴー)でIBF王者エマニエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。WBSSのプロモーター、カレ・ザワーランド氏はシーズン3の開催準備を進めていることを明かす一方、昨年の年間最優秀KO賞に輝いたWBSS初戦の井上の70秒殺劇について「最大限までハードルが上がった」と回顧。「2018年KOオブ・ザ・イヤーのイノウエに続くだろう」と更なる名勝負実現に意気込みを明かしている。英専門メディア「ワールド・ボクシング・ニュース」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ファイトマネーの遅配なども一時報じられていたWBSSだが、4月27日にバンタム級大会準決勝のWBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)対元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の米国開催が決定。当初の3月開催予定からずれ込んだものの、4強の舞台が次々に決まっている。

「大会は順調だ。チケット発売開始は10日後になるだろう。ファンにとっては本当の意味でご褒美となる、人気沸騰のチケットになるはずだ。WBSSでは常に年間最優秀ファイト候補を輩出することを目指している。準決勝では我々にとっては、候補が6試合になるんだ」

 記事によると、ザワーランド氏はこう語っている。ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」の2018年年間表彰で、最優秀ファイターに選出されたのはWBSS第1回大会優勝の世界クルーザー級4団体統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)。年間最優秀KO賞には昨年10月のバンタム級大会初戦で、難敵フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか1回70秒で倒した井上が選出された。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集