[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、まさかの初戦負けを海外続々報道「感情的に崩れ落ちる」「自滅」

テニスの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)が19日のドバイ選手権2回戦で同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6でストレート負け。世界ランク1位となった初戦でよもやのジャイアントキリングを、海外メディアは一斉に速報。「コーチとの離別への注目のせいに」「説明のつかない自滅」などと報じている。

クリスティナ・ムラデノビッチに敗れた大坂なおみ【写真:Getty Images】
クリスティナ・ムラデノビッチに敗れた大坂なおみ【写真:Getty Images】

世界67位に完敗した新女王の姿を海外も続々報道

 テニスの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)が19日のドバイ選手権2回戦で同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6でストレート負け。世界ランク1位となった初戦でよもやのジャイアントキリングを、海外メディアは一斉に速報。「コーチとの離別への注目のせいに」「説明のつかない自滅」などと報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 予想だにしない結末だった。女子テニス界の新女王となった大坂はわずか1時間6分でストレート負け。得意のサービスエースはわずか1本。ダブルフォルトは5度。グランドスラム2大会連続優勝を果たし、世界ナンバーワンにたどり着いてからの初戦で、よもやの黒星となった。

 優勝した全豪オープンの舞台となったオーストラリアメディア「ニュース.com」では「世界1位のナオミ・オオサカは記者会見で感情的に崩れ落ちる」と速報。「コート上で説明のつかない自滅の後、オオサカは記者会見で気持ちを抑えきれなかった。ある時点で、平静を取り戻すために部屋を去る必要があるか、と尋ねられた」と記事では報じ、敗戦後の会見で新女王が涙を流したことに注目していた。

 一方、英公共放送BBCでは「ナオミ・オオサカはドバイでの敗戦後、コーチとの離別への注目のせいに」と特集している。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集