[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トナミ運輸がV3 世界NO.1桃田賢斗は「本当に強い選手」も…重圧はねのけ

バドミントンの国内最高峰「S/Jリーグ」は17日にサイデン化学アリーナで最終日を迎え、男子はトナミ運輸が2-1でNTT東日本を破って3連覇を果たした。第1ダブルス、シングルス、第2ダブルスと順に行われる3枠すべてに日本A代表を揃えるトナミ運輸は、シングルスで西本拳太が世界ランク1位の桃田賢斗に敗れたが、園田啓悟、嘉村健士組、保木卓朗、小林優吾組が2つのダブルスを制してタイトルを勝ち取った。

男子はトナミ運輸が2-1でNTT東日本を破って3連覇を果たす【写真:平野貴也】
男子はトナミ運輸が2-1でNTT東日本を破って3連覇を果たす【写真:平野貴也】

シングルスは西本が桃田に敗れるも、2つのダブルス制す

 バドミントンの国内最高峰「S/Jリーグ」は17日にサイデン化学アリーナで最終日を迎え、男子はトナミ運輸が2-1でNTT東日本を破って3連覇を果たした。第1ダブルス、シングルス、第2ダブルスと順に行われる3枠すべてに日本A代表を揃えるトナミ運輸は、シングルスで西本拳太が世界ランク1位の桃田賢斗に敗れたが、園田啓悟、嘉村健士組、保木卓朗、小林優吾組が2つのダブルスを制してタイトルを勝ち取った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 園田、嘉村組は、世界ランク3位。実力を発揮できれば、勝利は順当だ。しかし、第1ゲームは、終盤まで接戦で展開。18-19とリードを許した場面から3連続得点で辛くも勝ち切る厳しい内容だった。第2ゲームを21-13で制して勝ち、エースダブルスの責任を果たした嘉村は、安堵感を漂わせ「相手のシングルスには、桃田がいる。西本も1月の国際大会で桃田に勝っているけど(桃田は)本当に強い選手。だから、一番大事になって来るのが、自分たち第1ダブルスだと思っていた。始めは力んでしまって、思うような動きができなかったけど、2ゲーム目から自分たちのプレーをして勝つことができた」とプレッシャーを感じながら試合に臨んでいたことを明かした。

 第2ダブルスも第2ゲームで相手に粘られたが、世界ランク27位の保木、小林がしっかりと勝ち切った。唯一、敗れる形となってしまった西本は「3連覇は嬉しかったけど、今大会を振り返ると、ダブルス陣に助けてもらうことが多かった。次の大会は、シングルスも(勝利)ポイントを挙げて、ダブルス陣に少しでも楽をさせられるように頑張りたい」と悔しさをのぞかせた。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集