[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「歴代最高の始球式」に米反響 11歳少年が“感動の1球”「いいぞ、ランディス!」

米大リーグで生まれつき両手と両下肢のない少年がヤンキースタジアムで始球式に登板。見事なストライクを投球した様子をヤンキース戦を中継する地元テレビ局「YESネットワーク」が動画付きで紹介するなど、複数のメディアが取り上げ、ファンの間では「歴代の始球式でも最高だ」と感動が広がっている。

両手と両下肢がないシムズ君が“奇跡の始球式”…ファン「歴代の始球式でも最高だ」

 米大リーグで生まれつき両手と両下肢のない少年がヤンキースタジアムで始球式に登板。見事なストライクを投球した様子をヤンキース戦を中継する地元テレビ局「YESネットワーク」が動画付きで紹介するなど、複数のメディアが取り上げ、ファンの間では「歴代の始球式でも最高だ」と感動が広がっている。

 “感動の1球”が投じられたのは、11日のヤンキース―オリオールズ戦だった。

 米CBSスポーツ電子版によると、登板したのは、11歳のランディス・シムズ君。生まれつき両手と両下肢がないが、義手と義足をつけて学校では3つのスポーツに取り組んでいるという。

 日曜のヤンキースタジアム。試合前のセレモニーで背番号25に「SIMS」と入ったピンストライプのユニホームをまとったシムズ君は右手にグラブをはめ、義足でマウンド手前に立った。そして、ヤンキースナインも拍手を送る中、左足を上げて大きく振りかぶると右手のグラブから直接、白球を放った。

 すると、打者は立っていなかったが、勢いのいい投球は右打者の外角低めいっぱいにノーバウンドで捕手のミットに吸い込まれた。見事なストライクに観客から割れんばかり大歓声が上がり、捕手とタッチを交わしたシムズ君は笑顔で喝采を浴びていた。

「ランディス、素晴らしい!」と報じた記事では「これまでに我々はプロアスリートたちによる不格好な始球式を何回見てきただろうか。数え切れないほどだろう。しかし、シムズ君はバッチリの出来だ」と絶賛している。

 ハンディをものともにしない奮投を受け、ファンにも反響が広がっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集