[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織戦前に「想像しうる最高の状態」 英メディアがマレーの完全復活を分析

全仏オープンは7日、男子シングス準々決勝が行われる。世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、同1位のアンディ・マレー(英国)と対戦。錦織にとって初の4強入りをかけた一戦となるが、今季はドバイ・テニス選手権での優勝のみと不調気味だったマレーが完全復活したことについて、「想像しうる最高の状態」と英公共放送「BBC」が報じている。

全仏4回戦、ハチャノフ撃破でツアー通算650勝「自分の最高のテニスができた」

 全仏オープンは7日、男子シングス準々決勝が行われる。世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、同1位のアンディ・マレー(英国)と対戦。錦織にとって初の4強入りをかけた一戦となるが、今季はドバイ・テニス選手権での優勝のみと不調気味だったマレーが完全復活したことについて、「想像しうる最高の状態」と英公共放送「BBC」が報じている。

 マレーは4回戦で世界ランキング53位のカレン・ハチャノフ(ロシア)相手に6-3、6-4、6-4とストレート勝ちを収め、記念すべきツアー通算650勝目を挙げた。21歳の新鋭のパワーに対抗し、危なげないプレーぶりを見せた。

「今日は全体的に自分の最高のテニスができたかもしれない。難しいコンディションだった。風が強く、簡単ではなかったが、試合を重ねるごとに感触は良くなっている。いいショットを打てたし、局面に応じたショットを決めることができた。この10日間ぐらいでここまでやっと上がってきた」

 マレーは記事内でこう語り、コンディションの高まりに絶大な自信を示していた。

 そして、マレーは錦織戦を前にピークにたどり着いたと専門家は分析している。BBCのアナリスト、ラッセル・フラー氏は「マレーは強風のパリの午後、究極的に効率のいい一勝を挙げたが、サービスが最高によかった。試合全体でセカンドサーブの場面でポイントを失ったのはわずか7回だった」としている。この試合でマレーはセカンドサービスでのポイント率は75パーセントと絶大な高さを見せつけていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集