[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、8強進出で達成した13年ぶり快挙は? 大会公式「21歳のセンセーション」

テニスの4大大会・全豪オープンは21日、女子シングルス4回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同12位アナスタシア・セバストワ(ラトビア)に4-6、6-3、6-4で逆転勝ち。自身初の8強進出を決めた。試合後のオンコートインタビューでは、お馴染みのチャーミングな“ナオミ節”で観客を沸かせたが、試合では51本のウイナーを叩き込むなどパワフルなテニスを展開。WTAと、大会公式サイトでは試合をレポート。大坂を称えている。

全豪オープン準々決勝進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープン準々決勝進出を決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】

WTA、大会公式サイトが大坂の試合をレポート

 テニスの4大大会・全豪オープンは21日、女子シングルス4回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同12位アナスタシア・セバストワ(ラトビア)に4-6、6-3、6-4で逆転勝ち。自身初の8強進出を決めた。試合後のオンコートインタビューでは、お馴染みのチャーミングな“ナオミ節”で観客を沸かせたが、試合では51本のウイナーを叩き込むなどパワフルなテニスを展開。WTAと、大会公式サイトでは試合をレポート。大坂を称えている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 試合後のオンコートインタビューでは、聞き手との珍妙なやり取りでセンターコート「ロッド・レーバー・アリーナ」の観衆を沸かせた大坂。鮮やかな逆転での8強進出にWTA公式サイトは「オオサカがセバストワ相手に粘り、全豪オープンで初めて準々決勝に進出」と見出しをつけて脚光を浴びせている。

「全米オープン覇者のナオミ・オオサカがロッド・レーバー・アリーナで、第13シードのアナスタシア・セバストワ相手に劇的な3セットゲームを制し、全豪オープンで初めてベスト8に辿り着いた」と伝え、さらに全米オープンから続くグランドスラム(GS)での連勝を11に伸ばしたことも紹介している。

 続けて「オオサカは51本のウイナーと43本のアンフォーストエラー、特にブレークポイントをしっかり奪った。ファーストサービスは70パーセントをものにして、7回のエースを決めた」と内容にも言及していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集