[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫勇也、貫録の2得点をドイツ紙続々称賛「失態を阻止」「日本を屈辱から救う」

サッカー日本代表は9日、アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で3-2の逆転勝ち。前半を0-1で折り返す苦しい展開も、ロシアW杯でも躍動したエースFW大迫勇也が同点、逆転の2ゴール。“半端ない”活躍に海外メディアも採点で最高評価の9点をつけていたが、普段プレーするドイツメディアも続々称賛している。

2ゴールを決めた大迫勇也【写真:Getty Images】
2ゴールを決めた大迫勇也【写真:Getty Images】

苦戦したチームで2ゴールと気を吐いた大迫をドイツ紙が称賛

 サッカー日本代表は9日、アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で3-2の逆転勝ち。前半を0-1で折り返す苦しい展開も、ロシアW杯でも躍動したエースFW大迫勇也が同点、逆転の2ゴール。“半端ない”活躍に海外メディアも採点で最高評価の9点をつけていたが、普段プレーするドイツメディアも続々称賛している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 やはり頼れるエースだ。大迫が殊勲の2ゴールを叩き込み、日本を勝利に導いた。ドイツの地元メディアも拍手を送っている。

 一般紙「クライス・ツァイトゥング」は「オオサコのドッペルパック(ドイツ語で2ゴール)が開幕戦の失態を阻止する」と題し、「サッカー日本代表は、アジアカップでミススタートを切り抜けた。ユウヤ・オオサコのおかげで」と続けている。

 またブレーメン地元紙「ヴェーザー・クーリア」も「ヴェルダーのストライカーが日本を屈辱から救う オオサコ、230秒でドッペルパック」とわずか3分50秒で2ゴールを挙げた大迫を称賛していた。

 今夏加入したブレーメンでも主力としてプレーする大迫に、ドイツメディアも熱い視線を送っている。

(THE ANSWER編集部)

FORMULA 1 モナコグランプリ 5/23(木)~5/26(日)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集