[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

止まらない衝撃 張本智和は「優勝候補」 国際連盟が断言「この少年は只者じゃない」

欧州を震撼させる13歳が、怒涛の勢いでトップ16に駒を進めた。

世界選手権、水谷撃破の13歳が16強進出「メダルの可能性を囁き始めるべきか」

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は2日、男子シングルス3回戦で史上最年少で日本代表に選ばれた13歳・張本智和(エリートアカデミー)が世界ランキング100位の21歳、廖振テイ(台湾)を4-0で下した。圧巻のストレート勝ちで16強進出。前日の2回戦で日本のエースで水谷隼から大金星を挙げた衝撃は止まらず、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「この少年は只者じゃない。優勝候補だ」と連日の賛辞を送っている。

 欧州を震撼させる13歳が、怒涛の勢いでトップ16に駒を進めた。

 張本は台湾の新鋭を相手にせず、難なく圧倒。4回戦ではルボミール・ピシュティと対戦するが、相手の世界ランク156位のスロバキア人について、公式サイトはこう紹介している。

「ルボミール・ピシュティは男子シングルスのワイルドカードと呼べる存在かもしれない。1回戦で鄭栄植(韓国)を下した。線香花火にすぎないというかもしれないが、大会はベスト16まで進んだ。スロバキア人は、まだ残っているのだ」

 ピシュティは1回戦で13位の鄭から金星を挙げ、勢いに乗った。快進撃を演じ、69位の張本と対戦することになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集