[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗が3年ぶり優勝に王手 決勝は死闘を予告「持っている力をすべて出し切る」

 バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は15日に各種目の準決勝を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、2-0で孫完虎(ソン・ワンホ=韓国)を破って決勝進出を決めた。決勝戦では、石宇奇(シー・ユーチー=中国)と対戦し、3年ぶり2度目の優勝を目指す。

決勝進出を決めた桃田【写真:Getty Images】
決勝進出を決めた桃田【写真:Getty Images】

難敵相手に完勝で決勝進出、3年ぶり優勝に王手

 バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は15日に各種目の準決勝を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、2-0で孫完虎(ソン・ワンホ=韓国)を破って決勝進出を決めた。決勝戦では、石宇奇(シー・ユーチー=中国)と対戦し、3年ぶり2度目の優勝を目指す。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 桃田は、誰にも止められない。準決勝も完勝だった。大会には、種目ごとに世界選手権の優勝者と年間成績上位選手の8人が出場している。ハイレベルな争いだが、世界選手権覇者の桃田は、グループリーグを3戦全勝の1位で通過。準決勝の相手は、11月の香港オープンで敗れた孫完虎(ソン・ワンホ)だったが、技術戦の様相を呈したラリーで主導権を握り、まったく寄せ付けずに完勝した。香港オープンでは、疲労がピークを迎えて思うように動けなかったが、再戦できっちりと力の差を見せつけた。

 桃田は「相手がコートの四隅に精度の高いショットを打って来ていて、内容の濃いゲームだった。ただ、自分が主導権を握るというテーマは貫けたと思う。リーグ戦とは違って一発勝負になったので、出だしから少しスピードを上げていった」と冷静に試合を振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集