[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウッズに珍事 “2度打ち疑惑”に米ファン論争「長く触っただけ」「100%2度打ちだ」

米男子ゴルフのツアー外競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」第2日は30日(日本時間12月1日)、大会ホストを務めるタイガー・ウッズ(米国)に珍事が襲った。最終18番で茂みに打ち込み、片膝立ちを突いて強引に打ち出したが、これが“2度打ち”ではないかと審議される形に。PGAツアーが決定的瞬間の一部始終を動画付きで公開すると、米ファンに「長く触っただけ」「100%2度打ちだ」と論争を呼んでいる。

タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】
タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

18番の一打に賛否、PGAツアーは断定的「2度打ちをしたにも関わらず2打罰回避」

 米男子ゴルフのツアー外競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」第2日は30日(日本時間12月1日)、大会ホストを務めるタイガー・ウッズ(米国)に珍事が襲った。最終18番で茂みに打ち込み、片膝立ちを突いて強引に打ち出したが、これが“2度打ち”ではないかと審議される形に。PGAツアーが決定的瞬間の一部始終を動画付きで公開すると、米ファンに「長く触っただけ」「100%2度打ちだ」と論争を呼んでいる。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 歴戦のキャリアを誇るウッズにとっても、そうそう起こり得るシーンではないだろう。まさかの珍事に遭遇してしまったのは最終18番だった。第1打をフェアウェイ右の茂みに打ち込んでしまったウッズ。問題だったのは、その場所が背の高い草木の根元だったことだ。近寄ってボールを確認する。しかし、生い茂る葉が邪魔でダウンスイングが取れない。どうするのか……。

 ウッズは意を決して右膝を付き、片膝立ちでクラブを手にした。グリップではなく、ほぼシャフト部分を握ってクラブを伸ばし、茂みに入れ込んだ。すると、まるでかき出すようにして、ボールを押し出したのだ。ボールは数メートル転がってフェアウェーに戻り、見事なリカバリーに。間近で見守っていたギャラリーから危機を脱したウッズに対し、大きな拍手が送られた。

 ただ、予期せぬ展開が待っていた。中継映像でスーパースローが再三繰り返され、ストロークで2度打っているようにも見える。PGAツアー公式サイトによると「18ホールのセカンドショットで2度打ちをしたにも関わらず、タイガー・ウッズはヒーロー・ワールド・チャレンジでの2打罰のペナルティを回避した」と断定的に報じている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集