[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 凄技! ティエムの”超速片手バックハンド”がNO1打選出 ファン驚愕「天才だ!」

凄技! ティエムの”超速片手バックハンド”がNO1打選出 ファン驚愕「天才だ!」

クレーコートシーズンを迎えたテニス界。赤土の上で熱戦で繰り広げられ、数々の名シーンが生まれているが、ATPワールドツアーの公式サイトでは、直近大会から「ホットショット」を9つ選出し、ファン投票を実施。

ATPワールドツアー企画、クレーの今季「NO1ホットショット」に23歳の新鋭が輝く

 クレーコートシーズンを迎えたテニス界。赤土の上で熱戦で繰り広げられ、数々の名シーンが生まれているが、ATPワールドツアーの公式サイトでは、直近大会から「ホットショット」を9つ選出し、ファン投票を実施。NO1には、世界ランキング7位ドミニク・ティエム(オーストリア)が見せた超速の「片手バックハンド」が「ゴールデン・ホットショット」として選出された。Youtubeで公開された動画では、ファンから「天才だ!」「クレイジーな才能」とコメントが相次ぎ、衝撃が広がっている。

 記事では、4月以降のモンテカルロ、マドリッド、ローマの3大会から選んだ9つのショットから、ファン投票によって「NO1ホットショット」を選出。1位には、5月のローマで披露したティエムのバックハンドが過半数の54%の支持を受け、見事選ばれた。

「ゴールデン・ホットショット」が生まれたのは準々決勝のラファエル・ナダル(スペイン)戦だった。

 ナダルのサービスから始まったラリー。巧みな緩いショットで、ティエムはサイドラインぎりぎりのネット際に誘い出され、辛うじてクロスに打ち返した。しかし、今度はナダルにガラ空きとなった反対サイドに打ち込まれた。絶対絶命のピンチ――。驚愕のショットが生まれたのは、誰もがナダルのポイントを予感した次の瞬間だった。

 踵を返して懸命にバウンドしたボールに追いつくと、体を反転させて右手一本のバックハンドで一閃。クロスに放たれた強烈なショットは、あまりの打球スピードの速さにネット際で腕を伸ばしたナダルもラケットに当てることができず。そのまま相手コートの対角線コーナーぎりぎりに入った。信じられないショットを目の当たりにしたファンは次々と立ち上がり、大歓声を上げた。

 仰天の動画はATPワールドツアーのYoutube公式チャンネルで紹介。ファンからは驚嘆の声が次々と書き込まれている。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー